商学部
School of Commerce
生田キャンパス

シンポジウム・特別講義

商学部創立50周年 記念シンポジウム・祝賀会

活躍する先輩が軌跡と未来語る

創立50周年を迎えた商学部(佐々木重人学部長)は2015年10月17日、生田キャンパスで記念シンポジウムと祝賀会を開催しました。同学部の学生、卒業生、教職員ら約200人が参加。日高義博理事長の祝辞の後、活躍する卒業生のディスカッションや学生のプレゼンテーションなどが行われました。

本学は1905(明治38)年に商科を設置して商学教育を始め、1965(昭和40)年に商学部を発足させました。本年は学部創立50周年と同時に商学教育110周年にあたります。
商学部は、時代の先端を行く教育システムを開発、商学のパイオニアとして教育・研究に努めてきました。卒業生は4万7千人を超えビジネス分野など各界で活躍しています。

記念シンポのテーマは「活躍する専大生の軌跡と未来」。(株)ヨークマートの川上達郎会長(昭48商)が基調講演、「目標を明確にし、実現へのプランニングを確立する。大切なのは人と人とのつながりで、それに支えられて今の自分がある」と体験談を語られました。
続いて川上会長、豊島創さん(平4商・(株)バンダイナムコビジネスアーク)、川崎信行さん(平12商・(株)オリエンタルランド)、梶綾子さん(平20商・大塚製薬(株))の4人がディスカッション。在学中の思い出や仕事について語り合い、壁に当たった時にどう乗り越えたか、専大時代の経験が現在の仕事にどのように生かされているかなど、さまざまな体験を披露、会場の学生にメッセージを送りました。
その後、創立50周年記念特殊講義「ビジネス・インサイトⅠ・Ⅱ」受講の優秀2チームによる成果報告と表彰が行われました。同講義では、商学部卒業生や地域の事業者によるリレー講義を受けて、学生が提示された問題点の解決策や実践的ビジネスプランを考えます。
記念祝賀会では佐々木学部長が挨拶。来賓の祝辞が続きました。

日高義博理事長の祝辞

日高義博理事長の祝辞

佐々木重人商学部長の挨拶

佐々木重人商学部長の挨拶

(株)ヨークマート 川上達郎会長の基調講演

(株)ヨークマート 川上達郎会長の基調講演

左から豊島氏・川崎氏・梶氏

左から豊島氏・川崎氏・梶氏

ビジネス・インサイト優秀賞受賞の学生たち

ビジネス・インサイト優秀賞受賞の学生たち

ビジネス・インサイト優秀賞受賞の学生たち2

ビジネス・インサイト優秀賞受賞の学生たち

(株)八海山執行役員 中俣善也氏

(株)八海山執行役員 中俣善也氏

記念祝賀会の会場

記念祝賀会の会場

特殊講義「ビジネス・インサイト」

専修大学商学部創立50周年記念事業 特殊講義「ビジネス・インサイト」の趣旨

商学部創立50周年記念事業実行委員会副委員長
神原 理(商学部教授)

専修大学商学部創立50周年を記念し、商学部における50年に及ぶ教育と研究の蓄積をもとに、洞察力の高いビジネス・パーソンの育成を目標とした特殊講義「ビジネス・インサイト」(平成26年度後期と27年度前期開講、2単位15回)を行います。

ビジネス・インサイト(insight;洞察力)とは、日々接する様々なビジネス現象に対して多様なコンテクスト(史的変遷や文脈、構造など)から物事を深く掘り下げて考察・分析し、深層にある本質的な知見を引き出す課題解決型の「現実的かつ実践的なビジネスプラン」の作成へと至る講義を展開していきます。

講師として登壇するのは、ビジネス界で活躍する本学の卒業生や、地域社会で活躍する事業者、商学に関わる実務家や研究者です。多様な講師陣を揃えることで、学生への教育的効果のみならず、卒業生や地域社会との関係を深めていく契機として、また商学部が掲げる「ビジネス・インテリジェンス(business intelligence)」の育成の一助となることを目指します。
センディ

センディナビ