法律総合講座(法律科目入門講座)

講座一覧に戻る


法律のエキスパートをめざす第一歩

法律総合講座1年目の「法律科目入門講座」では、法律を学習するうえで最も重要な憲法・民法の基礎を重点的に学び、その後の資格や進路につなげる土台作りをします。憲法・民刑を確実にマスターできるように、週2日のペースで講座を進めていきます。1年目の4月から早めのスタートを切ることにより、大学生活を楽しみながら、将来の希望進路に向けて、法律の知識を着実に養っていくことができます。

コースの概要[2020年度版]

開催日程法律科目入門講座[1年目]2020年6月上旬~2021年2月
開催場所神田キャンパス
※新型コロナウイルス感染症の状況が好転するまでの間は、オンライン講義で実施します。終息し、登校可能になった際は、従来通り教室で講義を行う予定です。
対象本学在学生
主催エクステンションセンター事務課
講師弁護士
定員300名
受講料85,000円
ガイダンスポータルシステムに掲載しました。
申込方法ガイダンスにてお知らせします。
募集期間5/14(木)~5/22(金) 消印有効
お問合せ先[神田エクステンションセンター事務課]
〒101-8425 東京都千代田区神田神保町3-8 神田キャンパス9号館3階
電話: 03-3265-6208  FAX: 03-3265-5975
E-mail:s_exten(a)acc.senshu-u.ac.jp
※迷惑メール対策のため、@を(a)と表記しています。送信の際はお手数ですが(a)を@にしてお送りください。
※一旦納入した受講料は、返金できません。

法律総合講座のしくみ

“現役弁護士による講義と個別指導で受講生のやる気に応えます”
法曹になるためには、条文や基本原理を正確に理解し、それを基礎とした上で各事例で妥当な結論を導く能力を養成する必要があります。そのためにもっとも効果的なのは、実務に携わる弁護士から直接指導を受けることです。一人で難解な法律書と格闘するだけでは誤った理解をしたり、バランス感覚を欠いた解釈に陥りがちです。法律総合講座では、すべての段階において現役弁護士が最新の実務を踏まえながら丁寧に講義を展開することを実現しました。また、受講生のさまざまな質問や悩みに応えるため、スタッフによる個別指導も行っています。受講生と講師・スタッフが正面から向き合い、希望進路の実現に向けてサポートする講座です。
1年目の「法律科目入門講座」では、法律の基本である憲法・民法、2年目の「法曹基礎講座」では、刑法・商法・民事訴訟法・刑事訴訟法・行政法のインプットを行います。3年目の「法曹実力講座Ⅰ期」では、ソクラテスメソッドと論文答案作成等を併用してアウトプットを行います。4年目の「法曹実力講座Ⅱ期」では法科大学院入試直前まで答案練習等を用いて最終確認を行います。各講座の詳細については、法律総合講座ガイド2020をご覧ください。

※法学部・商学部・国際コミュニケーション学部の1年生で、国家総合職・一般職、地方上級などの公務員をめざす皆さんは、1年目は法律科目入門講座を受講し、2年目から「公務員試験講座」を受講することをお勧めします。
法律総合講座カリキュラム(令和2年度版)