キャンパスマナー及び諸注意について

キャンパスマナー及び諸注意について

通学ルールについて

本学では学問・研究を行う場にふさわしい環境の確保、交通事故防止および地域住民の生活環境を守るために以下のルールを定めています。
  1. 通学には、徒歩もしくは自転車、また公共交通機関を利用してください。
    ※神田キャンパスは、駐輪場がないため自転車の利用は禁止しています。
  2. 自動車・バイク通学は以下の理由から全面禁止です。
  • 市街地にある本学の環境から、公共交通機関による通学が容易であること。
  • 違法・迷惑駐車、騒音、通行妨害、交通事故の危険により近隣住民の生活を侵害すること。
  • 大学が切望しているキャンパスの整備や教育研究の施設改善に障害をもたらしていること。
    (騒音により授業に支障をきたしている)

秩序ある行動を

毎年、近隣住民及び向ヶ丘遊園駅周辺住民から次のような苦情が寄せられていますので、迷惑をかけないよう、秩序ある行動をしてください。
  1. 登下校中に道いっぱいに歩いていて住民の通行を妨げている行為。
  2. 飲食店付近等に多人数でたむろし、座り込んだり、奇声を発する行為。
  3. 嘔吐、タバコ及びゴミの投げ捨てなどの行為
    学生として相応しい行動及び言動を各自責任を持ち、近隣住民に迷惑をかけないよう行動してください。 ​

喫煙について

-大学構内における喫煙場所についての周知-
平成27年2月1日より、本学では喫煙場所を変更いたしました。上記の喫煙所以外での喫煙は禁止です。喫煙所でマナーを守り吸ってください。 また、通学路や最寄り駅周辺での歩きたばこも大学構内同様行わないようにしてください。

-受動喫煙防止条例施行に伴う建物内禁煙周知-
【神田キャンパス】
建物内は全面禁煙です。キャンパス周辺は千代田区の条例により、路上での喫煙が禁止されており、違反者には罰金が課せられます。
【生田キャンパス】
平成22年4月1日より「神奈川県公共的施設における受動喫煙防止条例」が施行されます。これに伴い生田キャンパスは「第1種施設」となりますので、建物内を禁煙とします。

※千代田区・川崎市に限らず、他の自治体においても同様の条例の制定が増えています。喫煙のルール、マナーを厳守してください。

飲酒・薬物に注意

(1)飲酒について 
  • 未成年の飲酒は法律で禁止されています。勧められても断る勇気を持ってください。成年であっても自分自身で節度を持ち、過度の飲酒には十分に気をつけてください。
  • 専修大学構内では、学生の飲酒は禁止です(届出により許可された場合を除く)。また、学外においては、サークルやゼミなどで飲酒をする機会が想定されます。一気飲みや飲酒の強要などのアルコールハラスメントは絶対にやめてください。アルコールの強要は犯罪であり、飲ませた人の責任は重大です。くれぐれも注意してください。

(2)薬物について
大麻の所持や違法薬物の乱用は犯罪です。大麻を含む薬物乱用の恐ろしさを今一度しっかりと認識し、薬物等の誘惑に負けない理性と勇気を持ち、大麻や違法薬物には絶対に近寄らないよう皆さんの自覚ある行動を期待します。

勧誘活動に注意

最近、女子学生をターゲットにした美容関連のマルチ(まがい)商法による会員勧誘や、無許可で校内に立ち入り、巧みな話術で学生との信頼関係を築きあげ、パーティー券を配布し、反社会的な活動を行っている宗教団体に勧誘するケースが報告されています。

数年前には、海外の未上場企業へ数十万を出資する株式投資事業組合と称して、本学学生を中心に組合員を集めているとの相談も複数寄せられました。

学生諸君は、契約書等に安易に署名捺印しないよう注意してください。

なお、このような勧誘を受けたり、見かけたりした時は、迷わず学生生活課または学生相談室までご連絡ください。

SNS使用の注意 

誰もが情報発信に参加でき、瞬く間に情報が拡散するSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)使用にあたり下記の点に十分注意してください(SNSの代表的なもの:mixi、twitter、Facebook、LINEなど)。

1.プライバシーや情報漏えいに関する注意を遵守
オンライン上で公開している情報は誰でも自由に入手出来る状態であると言うことを念頭におき、自身のプロフィール情報を公開する時は十分に注意して、個人を特定できる情報は出来るだけ非公開にするようにしてください。また、発信する際は、プライバシーや個人情報に関わる内容が含まれていなか十分注意してください。

2.法律違反となる書き込み注意
冗談で友人と法律違反となるような書き込みした場合、他の人からは冗談と受け取られず大学に通報された事例もあるので注意してください。また、書き込んだ内容の前後が削除されて、法律違反の内容のみがSNS利用者に広がった事例もあるので注意してください。

3.法律違反の疑いのある記事または写真転載に注意
法律違反の疑いのある記事または軽い気持ちで写真転載をすることは注意してください。また、許可無く他人の写真転載(誰だか特定出来るような写真)、誰だか特定出来るような誹謗中傷も書き込まないよう注意してください。

ネット上のコミュニケーションは他の人から見られている事を常に認識してください。特に「炎上」と呼ばれる投稿した内容に対して非難のコメントが殺到するようなことは厳に慎むべきです。これらのほとんどの場合、「誹謗中傷」、「差別的発言」、「罵詈雑言」、「不法行為の自慢」など非常識な投稿がきっかけとなっています。
センディ

センディナビ