• Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Google+

日本学生支援機構奨学金

日本学生支援機構奨学金

 日本学生支援機構の奨学金制度は、勉学に励む意欲があり、またそれにふさわしい能力をもった学生・生徒が経済的理由により修学をあきらめることのないよう、支援することを目的として国が実施する制度です。
 詳細につきましては、日本学生支援機構の公式HPをご覧ください。

奨学金の種類(学部生)

給付型奨学金

日本学生支援機構の給付型奨学金は返済の必要が無い奨学金制度です。
給付型奨学金の申請は高校在学中の予約採用に限定され、大学在学中に申請は行えません。
また、高校在学中に採用候補者として決定した場合、大学で行うガイダンスにて進学届を提出する必要があります。
 
給付型奨学金は通学形態によって支給額が異なります。
 
自宅自宅外
3万円4万円

貸与型奨学金

日本学生支援機構の貸与型奨学金には第一種奨学金(無利息)と第二種奨学金(利息付)、入学時特別増額貸与奨学金(利息付)があります。
種類選考貸与金額
第一種奨学金(無利息)特に優れた学生で、経済的理由により
著しく修学困難なものに貸与します。
通学形態が、自宅学生と自宅外学生により貸与金額が異なります。
自宅学生…3万円・5万4千円
自宅外学生…3万円・6万4千円
第二種奨学金(利息付)第一種よりゆるやかな基準によって
選考された者に貸与します。

2万円・3万円・4万円・5万円・6万円・7万円・8万円・9万円・10万円・11万円・12万円の金額から選択制となります。
 
※平成30年度入学者より、第一種奨学金貸与金額が変更となります。
 自宅学生…2万円・3万円・4万円・5万4千円
 自宅外学生…2万円・3万円・4万円・5万円・6万4千円

出願から採用までの流れ

出願から選考・推薦・採用までのめやす(予定)

手 続新規希望者
ガイダンス
面接予約面接・書類提出選考推薦決定新規採用者
ガイダンス
期 日オリエンテーション・ガイダンス期間
₍3月末~4月上旬₎
4月上旬4月中旬5~6月6月6月下旬
色付きの欄は本人の出席が必要となります。
高等学校在学中に日本学生支援機構奨学生候補者として決定している学生(予約採用者)は、4月上旬に「日本学生支援機構採用候補者ガイダンス」に出席し、「採用候補者決定通知」を提出のうえ、「進学届」をインターネットにて提出してください。

1.募集説明会

希望者は学内で行われる「日本学生支援機構奨学生新規希望者ガイダンス」に出席して書類の交付を受けなければなりません。
(日程につきましてはオリエンテーション・ガイダンス日程表でお知らせします。)
募集は原則として年度始めに行います。(年度によっては10月頃に臨時採用の募集もございます。)

また、定期の募集以外に、火災、風水害、家計支持者の病気・死亡・失業などで、家計が急変した場合は、随時相談に応じています。学生生活課奨学金窓口に申し出てください。

2.出願書類について

日本学生支援機構奨学生には以下の書類が必要となります。(ア~エはガイダンスで配布いたします。)
   
    ア. 面接調書
    イ. スカラネット入力用紙
    ウ. 奨学金確認書兼個人信用情報の取扱いに関する同意書
    エ. 奨学金振込口座届(本人名義)
    オ. 両親の所得に関する証明書類
   前年度の源泉徴票写、又は確定申告書写
  カ. 本人の住民票

※それぞれの家庭事情により、このほかに証明書が必要になる場合があります。

3.面接・書類提出

面接・・・出願者の修学の意欲、家族の経済状況や出願に至った事情等について面談します。
書類提出・・・記入内容と必要な書類の点検もあわせて行います。
あらかじめご家族の方からよく家庭事情を聞いて、記入を求められている項目について十分理解しておく必要があります。

4.選考

以上の手続きを経た出願者について、「学力基準」および「家計基準」を満たしている者のうち、経済的困窮度の高い順に、推薦・採用可能な人員の枠内で日本学生支援機構奨学生推薦者を決定することになります。
採否の結果は後日、通知でお知らせします。

5.採用手続き

選考の結果、採用者候補となった学生は「新規採用者ガイダンス」に出席する必要があります。
ガイダンス内にて「奨学生証書」と「返還誓約書」を配布し、奨学生としての注意、義務について説明します。

また、ガイダンス後に「返還誓約書」と必要書類を揃え、指定された期日内に提出していただきます。
決められたの期間内に手続きを完了しないと採用取消になることがありますので、ご注意ください。

6.継続手続き

1~3年次の奨学生は、採用の年から毎年12月頃に手続き書類を受取り・インターネットによる継続手続きを行います。
決められた期間内に手続きを完了しない場合、次年度より廃止となり、奨学生の資格を失うことになります。
 

7.返還手続き

卒業後、返還の義務が生じる4年次生を対象に、10月頃に「奨学金返還ガイダンス」を行います。
ガイダンス内で「返還確認票」と「リレー口座加入申込書」の交付を行い、返還手続きについて説明します。
返還手続きを行わない場合は、奨学金の廃止や、返還が滞ることがありますので十分ご注意ください。

なお、留年により卒業しない4年次生は在学中に返還を始めない「在学猶予」の手続きが必要となりますので、必ず本ガイダンスに参加してください。

学生への連絡について

専修大学では奨学金関連のガイダンス開催前に必ず、学生専用ポータルシステムにて開催のお知らせをお送りしています。
ガイダンス実施月にはポータルをこまめに確認ください。

また、奨学生本人と数日に及び連絡がつかなかった場合、保護者の方にご連絡する場合もありますので、ご了承ください。
センディ

センディナビ