キャンパス・ハラスメント対策室

あらゆるハラスメントに対応するために、平成23年4月1日からセクシュアル・ハラスメント防止委員会を廃止し、新たにキャンパス・ハラスメント対策室を設置しました。
大学では、快適に勉学する環境を維持するためにキャンパス・ハラスメントの発生を未然に防ぎ、あわせて発生した場合に適切な措置を講ずる対策を行っています。
「キャンパス・ハラスメント」とは、相手側の人格の尊厳を傷つけるような言動によって相手側に不快感若しくは不利益を与え、又は相手方を差別的に取扱い、若しくは不利益な取扱いをすることによって相手側の人権を損害し、教育、研究、学習及び労働の環境を悪化させる行為をいいます。
キャンパス・ハラスメントには、性的な言動によるセクシュアル・ハラスメント、勉学・教育・研究に関連する言動によるアカデミック・ハラスメント、優越的地位や職務上の地位に基づく言動によるパワーハラスメントなどがあります。
「イヤだなぁ」と思うことは、できるだけその場で相手に明確に意思を伝えましょう。でも、それが伝えにくい場合は、キャンパス・ハラスメント対策室へ安心して相談してください。相談されたことなどの秘密は厳重に守られます。 

キャンパス・ハラスメントに対する取り組み

大学は多くの学生、院生が自由に学び、人格を陶冶する場です。同時に教職員にとっては教育、労働及び研究の場でもあります。こうした大学内では他の組織以上に各自の自由意思が尊重されねばなりません。大学の構成員が快適に勉学し、労働し、研究する環境を保持するのは、大学構成員各自の権利であり、義務でもあります。人としての尊厳を損ね、その人が快適に教育、労働及び研究する権利を侵害するキャンパス・ハラスメントは、そのような環境を侵害する、あってはならない行為の一つであると専修大学は考えます。

本学は、キャンパス・ハラスメントの防止に努めるとともに、発生したキャンパス・ハラスメントに対しては、可及的速やかに、キャンパス・ハラスメントによって乱された秩序を回復し、学生及び教職員にとって快適に学修し、教育し、労働し、及び研究する環境を確保するよう、努めます。

キャンパス・ハラスメントとは

本学ではキャンパス・ハラスメントを、「相手方の人格の尊厳を傷つけるような言動によって相手方に不快感若しくは不利益を与え、または相手方を差別的に取り扱い、若しくは不利益な取扱いをすることによって相手方の人権を侵害し、学修、教育、労働及び研究の環境を悪化させる行為」と定義しています。

なお、「言動」には、口頭での発言や身体接触によるものにとどまらず、メールの送信、ブログ、ツイッター、掲示板等への書き込みその他インターネット上における情報の発信行為も含まれます。

キャンパス・ハラスメントは、大学などの場において生じる様々な嫌がらせ(ハラスメント)の総称であり、セクシュアル・ハラスメント、アカデミック・ハラスメント、パワー・ハラスメントなどを含みます。

相談受付窓口

来室前に電話またはメールでの相談の予約をしてください。
相談には公平にプライバシーに配慮して対応します。
専修大学 キャンパス・ハラスメント対策室
〒214-8580 神奈川県川崎市多摩区東三田2-1-1 専修大学生田キャンパス 4号館1階411教室となり
TEL:044-900-7858(留守番機能付) FAX:044-900-7858
E-mail:camhara(a)acc.senshu-u.ac.jp
※迷惑メール対策のため、@を(a)と表記しています。送信の際はお手数ですが(a)を@にしてお送りください。

キャンパス・ハラスメント防止のために ー基本的な心構えー

キャンパス・ハラスメントは不当な行為で、被害者を深く傷つけ、ひいては大学の就労・修学環境を損ないます。

冗談のつもりの発言でも、或いは人間関係の潤滑油と考えた行為でも、親しみの表現と思ってとった行為でもキャンパス・ハラスメントとされることがあります。単なるわるふざけではすまされず、訴訟に至ることも珍しくありません。その行為によって被害を受けた人は精神的に苦痛を受けるだけでなく、大学を辞めざるを得ないように追い込まれることもあり、その後長い時間にわたって影響を残すことになります。このようにキャンパス・ハラスメントは、重大な害悪をもたらすのです。

本学の構成員は、キャンパス・ハラスメントの加害者にならないために、次の視点を持たなければなりません。

(1)各人の性格や個性の違いを理解するとともに、互いの人格を尊重し合う。自分がされて嫌なことは他人にはしない。
(2)すべての構成員は、お互いが大切なパートナーであるという意識を持つ。
(3)修学上の、あるいは職務上の上位者は、自らの言動のもつ影響力を自覚し、常に相手への配慮を保つ。
(4)指導する立場にある者は、キャンパス・ハラスメントが、学修し、教育し、労働し、及び研究する権利などを侵す人権侵害行為であることを認識し、研究、教育の本来のあり方を踏み外すことのないよう、日頃から十分に注意をする。
(5)自らの言動が誤解を招かないように、日頃から周囲と十分なコミュニケーションを取るように心がけ、相互の信頼関係を保つ。
センディ

センディナビ