在学生向け
文字サイズ
  • 在学生の皆様へ
  • 本学で学びたい皆様へ
  • 卒業生の皆様へ
  • ご父母・保証人の皆様へ
  • 企業・社会人・地域の皆様へ
グローバル化・国際交流

専修大学は17か国・地域の22大学と国際交流協定を結んでいます。グローバル化・国際交流トップへ
新たに誕生した国際交流の拠点『国際交流会館』はこちら

海外留学・支援情報
外国人留学生サポート
国際教育プログラム
教員の学術交流
国際交流センター
学部・大学院
学部・大学院
専修大学入試情報サイト

商学部

School of Commerce

学部紹介

 専修大学商学部は、今から100年以上前、明治38年(1905年)に創設された商科を起源としています。同時期に、早稲田大学、明治大学、中央大学、日本大学などでも商科が創設されました。これらの大学と共に、専修大学商学部は、商学のパイオニアとして教育・研究をリードしてきました。

 100年以上にわたる教育により、47,000人以上の卒業生が実業界など各界で活躍しています。こうした歴史の重みを受けとめながら、常に時代の先端をゆく教育システムの開発につとめてきました。

 専修大学商学部には、74名もの教員がいます。このため、商業・マーケティング、ファイナンス、経営、経済、情報、会計など皆さんの多様な志望に広くこたえることができます。大学で学びたいことが既に決まっている方には、1年生のときから高度な専門教育を行います。

 専修大学商学部は、会計、マーケティングなどの分野において、日本で一、二をあらそう教員数を有しています。もちろん教員の数だけではなく、教育や研究の質においても、日本有数の水準にあります。

 「計理の専修」の名にふさわしく、会計学科では多くの優れた教員により、1年次より密度の濃い専門教育を行っています。また、マーケティング分野においては、環境・企業の社会的責任などを含め、実践的かつ先端的な専門知識を深く学ぶことができます。さらに、ファイナンス分野においては、実践と理論のバランスのとれた教育を行っています。会計、マーケティング、ファイナンス、ビジネスなどに興味を持つ皆さんには最適の大学であると思います。

マーケティング学科
  • - マーケティングコース
  • - ファイナンスコース
  • - グローバルビジネスコース
  • - ビジネスインテリジェンスコース
会計学科
  • - 「会計プロフェッショナル」 履修モデル
  • - 「財務会計」 履修モデル
  • - 「管理会計」 履修モデル
  • - 「財務情報分析」 履修モデル

学科構成と特色

 専修大学商学部は現在「マーケティング学科」「会計学科」の 2 学科で構成されています。商学部では「時代を先取りするビジネス・インテリジェンスを育てる」ということをマインドとして、教育・研究を進めています。

 専修大学商学部ではセメスター制を取り入れています。セメスター制とは、各学年を半年間ずつ区切り、前期・後期の2学期制にして専門科目を履修するシステムです。ですから、商学部の主要専門科目は1科目半年間で終了します。たとえば、2単位科目を履修すると1セメスターで週1回の授業を、4単位科目を履修すると週2回の授業を、それぞれ半年間に受けることになります。集中して学習できますから、授業をより深く理解することができます。そして、前期に学習不十分だった科目は後期に再チャレンジすることができます(基礎科目)。この履修制度によって、効果的に4年間の学習を進められます。

 マーケティング学科では2年次より、より専門的な科目をあなたの将来に結びつけて選択しやすいように組み合わせた「マーケティングコース」「ファイナンスコース」「グローバルビジネスコース」「ビジネスインテリジェンスコース」の4コースのいずれかを選びます。また会計学科でも、「会計プロフェッショナル」「財務会計」「管理会計」「財務情報分析」と、皆さんがめざす方向にあわせた実践的な履修モデルが設定されています。

 大教室に多数の学生…。大学の授業に対してそういうイメージがあるかもしれませんが、商学部では、よりきめの細かい学習サポートを心がけています。現在1年次の専修大学入門ゼミナールは、少人数クラスの担任制になっています。少人数のゼミナールも、2年次後期からスタートします。

 また、オフィスアワーも設けています。これは、教員が学生との面談のために研究室で待機している時間のことで、学生の学習を個別にサポートする時間です。オフィスアワーにおいては、学生の皆さんは自由に先生方に質問や相談をするために研究室を訪れることができます。

歴史と概要

学部創設まで

 専修大学の歴史の中で「商」にかかわる学科の登場は明治38(1905)年10月に商科が設置された時点までさかのぼることができます。大正6(1917)年には専門部に計理科を増設しました。昭和3(1928)年には専門部に商業科を増設し、既設の経済科とともに昼夜2部制、計理科は法律科とともに夜間部とされていました。昭和24(1949)年の学制改革により商業学科は経済学科とともに商経学部となりました。

 昭和37(1962)年に経営学部が設置され、翌年商経学部が経済学部と改称されました。そして昭和40(1965)年に商学部商業学科および商学部二部商業学科が設置されました。さらに昭和43(1968)年に会計学科が増設されました。

 商学部は学部としては法、経済、経営の後に生まれた新しい学部です。しかし、経済学と法律学の高等教育専門課程を組織的に日本語で教え、新しい時代の要請に応えようとした日本最初の経済専門学校としての専修創立の趣旨にかかわる学部としての性格は創立以来受け継いでいるといえるでしょう。

「計理の専修」

 「計理の専修」ということばがあるように、マーケティング学科の前身でもある商業学科と会計学科の両学科を通じて伝統的に会計学に比重をおいてきました。しかし、商学部という学部のもとに、伝統ある商業学、新しいマーケティングのみならず、経済学、経営学もバランス良く持ち、情報処理教育にも非常に力を注いできました。現在の商学部は理論と実践、社会科学系学部として幅広い学問分野を包含する領域をカバーするカリキュラム編成を行っている学部です。

専門科目セメスター制とコース制

 現在の商学部につながる体制は、平成11(1999)年7月に全学的に認められた専門科目セメスター制と商業学科の3コース制を柱とする改革案が基礎となっています。ここで、専門科目セメスター制は、週2回講義の半期4単位をベースにする、セメスターを単位とする専門科目構成を示しています。この改革においては、商業学科のコース制導入と同時に、会計学科も含めてすべての専門科目のカリキュラム体系を一から作り直すこととなりました。平成12 (2000)年4月の入学者より現在につながる体制となっています。

商学部の専門科目はセメスター対応となりましたが、全学的な履修登録システムは通年のままの状態でした。しかし、この問題も平成16(2004)年より解消され、一部の特定の科目においては後期履修修正を行うことが可能となりました。(二部を除く)

学科,コース,履修モデルの再編

 当初、マーケティングコース、金融・証券・保険コース、産業システムコースとして出発した商業学科の3コース制も、平成16(2004)年に、金融・証券・保険コースをファイナンスコースと名称変更するとともに、基礎教育をより重視するために、基礎数学、統計入門を学生のレベルにあわせた基礎数理I、基礎数理II、基礎数理IIIに組み替え、いくつかの専門科目において名称変更、シラバス内容の変更を行いました。平成18(2006)年より商業学科は「マーケティング学科」と名称を変更,より稠密な学習のために「マーケティングコース」「ファイナンスコース」「グローバルビジネスコース」「ビジネスインテリジェンスコース」の4コースに再編しました。

また、会計学科では、会計学の知識をいかに将来の自分に生かすかという視点から、4つの履修モデル(「会計プロフェッショナル」、「財務会計」、「管理会計」、「財務情報分析」)を提案しています。

時代を先取りするビジネス・インテリジェンスを育てる

 専修大学商学部では、ビジネスに関わる「ヒト」「モノ」「カネ」、そして 「情報」の「しくみ」を明らかにして、ビジネスに必要とされる実践的な知識 や技術、センスなどを基礎から学習することを教育理念としています。

 人間は経験の動物といわれてきました。つまり、人間は、経験から多くの教訓を学び、その学んだものを将来に活かして、人類の成長を支えてきたのです。

 しかしながら、現代のように、変化が早く、かつ社会が多様化してくると、自分の経験は自分だけの限られたものに過ぎず、より広い範囲で応用することができなくなってきます。つまり、自分の経験は、他人へのアドバイスにもならず、また自分自身の将来への指針にもならないかもしれません。

 それでは、わたしたちは、単に将来を悲観して、待っているしかできないのでしょうか。そうではありません。先人は「愚者は経験から学び、賢者は歴史から学ぶ」といっています。この場合「歴史」は単に過去のできごとを指すのではありません。過去のできごとからものごとの本質を見きわめ、将来も変わらぬ真理を探究するもののことをいいます。つまり、時代が変わっても変わらぬ真実を体得し、それによって変化の本質を見抜き、時代の流れを良い方向へ導いていくことを意味します。これが学問の真の姿です。

 実践してこそ価値がある学問を「実学」とよびます。「商学」はまさに「実学」です。専修大学商学部では実学を重視します。さらに商学部では、ビジネスの教育を通して、社会に流れる真理を探究し、真に必要なアクションを起こすことのできる「人財」を育みます。

 ものごとを深く考える学問的探究力と人生に役立つ幅広い知識を身につけるために、商学部では多様性に富むカリキュラムを提供しています。それは、文化、環境、情報、社会から始まり、経済、経営、会計、マーケティング、ファイナンスにまで及びます。

 専修大学商学部は「ビジネス・マインド」を広い視野から養成し、「ビジネス・インテリジェンス(Business Intelligence )」を育成することによって、「社会知性(Socio-Intelligence )」の開発の一翼を担う学部なのです。