在学生向け
文字サイズ
  • 在学生の皆様へ
  • 本学で学びたい皆様へ
  • 卒業生の皆様へ
  • ご父母・保証人の皆様へ
  • 企業・社会人・地域の皆様へ
グローバル化・国際交流

専修大学は17か国・地域の22大学と国際交流協定を結んでいます。グローバル化・国際交流トップへ
新たに誕生した国際交流の拠点『国際交流会館』はこちら

海外留学・支援情報
外国人留学生サポート
国際教育プログラム
教員の学術交流
国際交流センター
ホーム > 学部・大学院等 > 法科大学院 > ごあいさつ・本学の取組み
法科大学院
学部・大学院

ごあいさつ

1.専修大学法科大学院にようこそ

 

 

専修大学法科大学院長   佐 野  裕 志

 

 専修大学は、日本初の私立専門学校として、明治憲法制定前の1880年(明治13年)9月に法学教育を始めました。後に神田地区における「五大法律学校」と呼ばれる専門学校の先駆けでした。近代国家として法治国家を目指すために必要とされた人材を作り出すことが急務であったからです。「黒門」を擁する専修大学は、東京大学の「赤門」や中央大学の「白門」と並んだ私学の雄とされてきました。専修大学は東京の中心である千代田区にあり、日本の立法・行政・司法機関が集約された「枢地」にあります。

 こうした伝統と地の利を活かし、専修大学法科大学院は2004年(平成16年)4月に発足しました。21世紀に向けた教育理念として専修大学は「社会知性」(Socio-Intelligence)の開発を掲げていますが、まさにそれを具体的に体現するものの一つとして、専修大学法科大学院は発足し、その後も着実に歩んできました。

 法科大学院は、将来の「法曹」を養成することを主な目的としています。法曹もプロフェッションの一つで、そこには高度の専門性と倫理性が要求されます。このため、法科大学院での教育には、法律学の様々な分野について多様なカリキュラムが提供されるとともに、法曹倫理に始まる多彩な実務科目も用意されています。そして、専修大学法科大学院では、さらに「議論する力」を養うことを教育目標として掲げてきました。それは、プロフェッションとしての特性を考慮してのことであり、法的な問題解決が議論という過程を経なければ解決に至らず、さらに、相手との議論のなかで結論が得られると考えるからです。少人数の授業、それは教員と学生の距離の近さであり、疑問を残さないで問題を理解する上では、最上の教育効果をもたらしてくれるはずです。

 専修大学法科大学院は、学生が勉学に集中できるよう、充実した奨学金制度に加え、最高の学修環境を整えました。交通至便の地にある法科大学院専用棟(8号館)には、個室制の高い専用の学習机(キャレル)、法科大学院用に特化した快適な図書館・端末室、付属の法律事務所があり、そして最上の教育スタッフがいます。また、隣接してある学部の建物や施設も利用できるという利便性も兼ね備えています。詳しいことは、以下の説明を、是非ご覧ください。

2.本学の具体的な取り組み

I 法律基本科目群

体系的理解を修得させるための講義を中心とし、更に法律基本科目演習によって、問題解決的思考能力の育成を図ります。

II 基礎法学・隣接科目

    この科目群は基礎法学に関する分野又は法学と関連する分野の科目で、社会に生起する様々な問題に対する関心をふまえて、人間や社会のあり方に関する思索を深めることによって、法に対する理解の視野を拡げることを目的しています。

III 展開・先端科目群

  1. 社会福祉・医事法・労働法などの社会法分野では、市民の人権を守り、市民社会を向上させるための法感覚を身に付けさせます。
  2. ビジネスロー分野で、企業法務や知的財産法・金融商品取引法などの科目を配し、実践的素養を身に付けさせます。
  3. 国際法・比較法分野では国際化時代の法的素養を身に付けさせます。

IV 法律実務基礎科目群

  1. 模擬裁判・ロイヤリング・エクスターンシップの講義で法実務感覚を身に付けさせます。
  2. 法曹倫理の講義で法実務家の果たすべき役割についての自覚の育成を図ります。
    また、付属のローファーム(法律事務所)を開設し、常時法律相談を受け付け、社会に貢献するとともに、学生のクリニックの授業にも役立てます。