在学生向け
文字サイズ
  • 在学生の皆様へ
  • 本学で学びたい皆様へ
  • 卒業生の皆様へ
  • ご父母・保証人の皆様へ
  • 企業・社会人・地域の皆様へ
グローバル化・国際交流

専修大学は17か国・地域の22大学と国際交流協定を結んでいます。グローバル化・国際交流トップへ
新たに誕生した国際交流の拠点『国際交流会館』はこちら

海外留学・支援情報
外国人留学生サポート
国際教育プログラム
教員の学術交流
国際交流センター
法科大学院
学部・大学院

奨学金・学費

1.専修大学法科大学院 奨学生制度

 近年、法科大学院を取り巻く環境は大きく変化し、その中で法曹希望者が経済的理由から法科大学院への進学を諦めざるをえないという事態も生じています。また、司法研修所において司法修習生への給費制が廃止され,その経済的負担が重くなっています。本法科大学院は、こうした現状を踏まえて法曹希望者に進学の機会を与えることを目的とした奨学金制度となっています。

 

(1)学術奨励奨学生

 

名   称

種別

対象および要件(採用人員)

奨学金および採用期間

スカラシップ
入 試 奨 学 生

給付

入学者選抜試験(スカラシップ入試)の合格者全員

未修者にあっては3年間、既修者にあっては2年間、入学金、授業料及び施設費相当額並びに月額8万円(年額96万円)を奨学金として支給

 

 平成27年度入学者選抜試験から新たな奨学金制度によるスカラシップ入試を実施します。合格者全員を「スカラシップ入試奨学生」として採用します。「スカラシップ入試奨学生」とは、未修者にあっては3年間、既修者にあっては2年間、入学金(20万円 ※本学出身者は免除)、授業料(95万円)及び施設費(26万円)相当額(教育充実費を除く)並びに月額8万円(年額96万円)を奨学金として給付する制度になります。

  

名   称

種別

対象および要件(採用人員)

奨学金および採用期間

新入生学術
奨励奨学生A

給付

入学者選抜試験(一般入試)の合格者のうち、その成績が極めて優秀な者(未修者及び既修者の合格者のうちから10名以内)

未修者にあっては3年間、既修者にあっては2年間、入学金、授業料及び施設費相当額を奨学金として支給

 

 全額免除の奨学金は、「新入生学術奨励奨学生A」として採用され、一般入試の合格者のうち、その成績が極めて優秀な者(未修者及び既修者の合格者のうちから10名以内)に対して、未修者は3年間、既修者は2年間、入学金、授業料及び施設費相当額(教育充実費を除く)を奨学金として支給する奨学生制度となります。

 

名   称

種別

対象および要件(採用人員)

奨学金および採用期間

新入生学術
奨励奨学生B

給付

入学者選抜試験(一般入試)の合格者のうち、その成績が優秀な者(未修者及び既修者の合格者のうちから10名以内)

未修者にあっては3年間、既修者にあっては2年間、授業料の2分の1相当額を奨学金として支給

 

  半額免除の奨学金は、「新入生学術奨励奨学生B」として採用され、一般入試の合格者のうち、その成績が優秀な者(未修者及び既修者の合格者のうちから10名以内)に対して、未修者は3年間、既修者は2年間、授業料の2分の1相当額(47.5万円)を奨学金として支給します。

 

名   称

種別

対象および要件(採用人員)

奨学金および採用期間

新入生特別
学術奨励奨学生

給付

専修大学の卒業生で、本学法科大学院の入学者選抜試験の合格者全員

未修者にあっては3年間、既修者にあっては2年間、月額8万円(年額96万円)を奨学金として支給

 


(2)今村力三郎記念奨学生

名称

種別

対象および要件(採用人員)

奨学金および採用期間

今村力三郎

記念奨学生

給付

在学生のうち、前年度の学業成績が上位であり、かつ、日頃の学習態度及び人物の点からも専修大学が誇れる法曹となることが期待できるもの。
ただし、学術奨励奨学生の受給者は、この対象者から外す。
(2年次生(未修者)及び3年次生からそれぞれ若干名)
2年次生(未修者)及び3年次生から授業料の2分の1相当額を奨学金として支給する



(3)経済支援奨学生

 

名称

種別

対象および要件(採用人員)

奨学金および採用期間

利子補給奨学生

給付

在学生で経済的理由により入学又は修学の継続のために教育ローンを必要とする者 教育ローン適用者に対して、当該年度の利子分の一部を補給する

家計急変奨学生

給付

在学生で家計支持者の死亡等による経済的困窮により、修学の継続が困難な者 授業料の25%相当額を支給する

災害見舞奨学生

給付

在学生で火災、風水害、地震などに被災し、経済的困窮の高い者 20万円を上限として支給する

※経済支援関係の奨学制度については、書類審査等による選考を行います。

 

 

   専修大学法科大学院奨学生規程(抄)は、こちらから。 

2.日本学生支援機構奨学金制度

 経済的理由により、修学に困難がある優れた学生等に対し、日本学生支援機構が行う奨学金制度(貸与)です。奨学金は第一種および第二種の2種類があります。なお、詳細は以下のとおりです。奨学金貸与終了後は返還の義務が生じ、毎月決められた金額を返還していただくことになります。

 

種 類

種別

金額(月額)

第一種奨学金

返還終了時まで無利子

5万円、8万8千円 のどちらかを選択

第二種奨学金

在学中は無利子
卒業後は有利子(3%上限)

5万円、8万、10万、13万、15万の中から選択
15万円を選択した場合、4万円または7万円の増額ができる
(但し、利率は0.2%上乗せ)

※奨学金の金額(月額)は入学年度により異なる場合があります。上記は2013年度の金額です。
※第一種及び第二種の両方を奨学金を併用することも可能です。
※修了時に特に成績の優秀な者に対して、第一種奨学金の一部または全額を免除される場合があります。

 

日本学生支援機構奨学金採用実績

名      称

平成25年

平成26年

平成27年

 平成28年

第一種奨学金

7

11

10

5

第二種奨学金

9

6

1

2

 

 

 

 
 

 

3.学費

下記学費は2017(平成29)年度の学費です。

 

完納(年額)

分納1期分
*入学手続き時

分納2期分
(6月)

分納3期分
(9月)

分納4期分
(11月)

入学金

\200,000

\200,000

 

 

 

授業料

\950,000

\239,000

\237,000

\237,000

\237,000

施設費

\260,000

\65,000

\65,000

\65,000

\65,000

教育充実費

\20,000

\5,000

 \5,000

\5,000

 \5,000

校友会
入会金

\10,000

\10,000

     

合  計

\1,440,000

\519,000

\307,000

\307,000

\307,000

*本学の学部卒業生および同大学院修了者については、入学金および校友会入会金を徴収いたしません。