在学生向け
文字サイズ
  • 在学生の皆様へ
  • 本学で学びたい皆様へ
  • 卒業生の皆様へ
  • ご父母・保証人の皆様へ
  • 企業・社会人・地域の皆様へ
グローバル化・国際交流

専修大学は17か国・地域の22大学と国際交流協定を結んでいます。グローバル化・国際交流トップへ
新たに誕生した国際交流の拠点『国際交流会館』はこちら

海外留学・支援情報
外国人留学生サポート
国際教育プログラム
教員の学術交流
国際交流センター
ホーム > 学部・大学院等 > 文学部 > 学科紹介 > 人文・ジャーナリズム学科
学部・大学院
学部・大学院
専修大学入試情報サイト

人文・ジャーナリズム学科

社会が直面する課題を複合的な視点から理解する学び。

 現代社会が直面している様々な課題は、それぞれが単独に存在しているわけではありません。この考えのもと、人文・ジャーナリズム学科では問題意識を複合的に育める力を養うことを目標にしています。「人文」という言葉には多様性と幅広い教養を、「ジャーナリズム」という言葉には自分の言葉で他者と対話する能力を身につける、という思いを込めています。これらの目標を達成するために本学科では3つのコースを設け、世界の国々で、地域社会のただ中で、あるいは広くメディアの世界で起きている現実を理解し学んでいきます。人文・ジャーナリズム学科の学びは、社会が直面する課題を解決し、地域と世界の未来を拓くものでありたいと考えています。

段階的に学ぶ

 1年次は、共通の入門科目、基礎科目と、学科独自の専門科目や概論を学びます。各コースの概論科目などを学ぶことで、2年次からのコース選択の指針を与えます。
 2年次から3つのコースのいずれかに属し、それぞれの専門にあわせた「マイ・カリキュラム」を作り、自分の興味に即した講義を受けることになります。いよいよ、ゼミナールも始まります。

コースを核に興味を広げる

 2,3年次で所属コースの専門を深める一方、他コースの科目を履修することも、かなり自由にできます。すべての講義は半年単位のセメスター制を完全採用するなど、海外留学に対応し国際人の育成に寄与するとともに、短期集中型学習による学力の向上を図ります。図書館学や博物館学など、コース横断的な「アーカイブ関連科目群」の履修も可能です。

少人数教育

 少人数教育をめざします。特にゼミナールでは学生一人ひとりに合った指導を徹底しています。ゼミナールは全員参加し、教室での討論や合宿、調査などを通して、関心領域の理解を深めます。

2年次から選べる3つのコース

dep_lj.jpg

東西文化コース

 東西文化コースは、語学力を基礎として、世界の多様な文化の姿や、それらの相互交流のあり方を正しく理解することをめざします。その上でそれらの地域の人々と進んで言葉を交わすことができる寛容で柔軟な精神を持った人材を育てます。

 本コースが設定する科目は、アジアとヨーロッパの対立という古い枠組みにとらわれるのではなく、その中間に広がるロシア、また新興の意気に燃えるラテンアメリカをも視野に収める真にグローバルな組み立てを持っています。加えて海外語学留学を正規科目としてカリキュラムに位置づけることで、学生の外国語習得と異文化理解を積極的にサポートします。

生涯学習コース

 生涯学習コースは、人々が生涯にわたり身体的、社会的、文化的に豊かで健康的な人生を送るための考え方や方法論を学びます。現代社会において、様々な社会的諸問題と正面から向き合い、課題解決するための方策を考え、成長し続ける人生を作り出す人材、具体的には、生涯学習の視点を持った教員、生涯学習・スポーツ分野の行政担当者や指導者、生涯学習を実践し続ける社会人などの育成を目指しています。授業科目には学習系とスポーツ系があり、前者では生涯学習施設や子育て・学習支援の現場での実習や調査、ワークショップ実習など参加型学習を重視し、後者ではスポーツを通して楽しむ力や分析する力を養い、スポーツ政策やこころの問題等に触れ、生涯におけるスポーツの可能性について考えていきます。

ジャーナリズムコースdep_lj2.jpg

  • 好奇心、行動力、想像力。メディアの現場で行動しながら考えるコースです。
  • 現代社会と関わりながら、多様な価値観を学びます。
  • デジタル社会の中でメディアやツールを使いこなし、情報を収集・蓄積・分析し、人々と社会に伝えるリーダーを目指します。
  • MLA(ミュージアム、ライブラリ、アーカイブ)の役割を学び実践する力を養います。
  • ジャーナリスト、アーキビスト、司書・学芸員、広報担当などに、はばたこう。
  • ジャーナリズムとアーカイブの能力は、企業、行政、NPO、ITメディアなど、社会から求められています。