• Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Google+

刊行活動

(Ⅰ)年報「会計学研究」

第44号(平成30年3月発行)
① 岩田弘尚所員 「コーポレート・レピュテーションが導くステークホルダー・ロイヤルティの実証分析」
② 国田清志所員 「IASB開示原則とIASB概念フレームワーク-Non-IFRSの利益情報の開示のあり方-」
③ 梅田宙所員 「インタンジブルズに基づく戦略の考察」

第43号(平成29年3月発行)
①伊藤和憲所員・西原利昭氏(大学院博士後期課程)
「エーザイの統合報告書による情報開示と情報利用」
②椛田龍三所員「グローバル・ガバナンス時代におけるIASC/IASB」
③谷守正行所員「銀行の顧客別管理会計の現状と今後-事例研究に基づく考察-」

第42号(平成28年3月発行)
①伊藤和憲所員・関谷浩行氏(北海学園大学)
「インタンジブルズと企業価値に関わる理論的モデルの構築」
②椛田龍三所員「Staubusの会計理論に関する一考察」
③谷守正行所員「ITサービスの変遷と原価計算の関係性-クラウドサービス企業のフィールドスタディー-」

第41号(平成27年3月発行)
①伊藤和憲所員
「Research on Strategy Communication and Cascading : Case Study of Balanced Scorecard in West Jutland Hospital」
②国田清志所員「個別財務諸表における包括利益の表示の必要性」
③菱山淳所員「ドイツにおける1973年リース会計基準の顛末-会計基準の設定・修正・廃止に関するIdWの公表物を手掛かりとして-」

第40号(平成26年3月発行)
①伊藤和憲所員・関谷浩行氏・櫻井通晴氏
「コーポレート・レピュテ―ションと企業価値・財務業績への影響-世界から賞賛される企業になることを祈念して-」
②内野里美所員「情報技術の発展が財務報告の有用性に与える影響に関する考察」
③西居豪所員「テンションと組織目標-日本企業のBUを対象とした実態調査」

第39号(平成25年3月発行)
①西居豪所員「インターラクティブ・コントロール概念の測定についての予備的研究」
②国田清志所員「会計における「真実性の原則」と「表現の忠実性」-IASB概念フレームワークを手掛かりとして-」
③菱山淳所員「ドイツ商法会計における帰属概念の展開」

第38号(平成24年3月発行)
①渋谷武夫所員「最終講義 わが人生の経営分析」
②伊藤和憲所員・伊藤克容氏・新村秀一氏・櫻井通晴所員「Analysis of Survey Results on Reputation Management
-With the Primary Objective of Investigation through Empirical Research-」
③青木章通所員「顧客関連性の構築要因に関する研究-顧客別利益と顧客関連の非財務尺度との関係-」

第37号(平成23年3月発行)
①一ノ宮士郎所員「実験による不正検出の試み:デジタル分析の適用可能性」
②伊藤和憲所員「企業戦略におけるBSCの有効性―シナジーの創造とアネルギーの抑制―」
③菱山淳所員「リース会計「公開草案」における使用権モデルの会計処理」
④山内暁所員「条件付対価の認識に伴い発生する条件付暖簾に係る検討」

第36号(平成22年3月発行)
①青木章通所員「顧客価値を評価する顧客別収益性分析の進展と課題―顧客生涯価値の関係からの検討―」
②伊藤和憲所員「バランスト・スコアカードによる戦略実行と業績評価の統合」
③山内暁所員「100%未満取得の企業結合におけるバーゲンパーチェスに係る会計処理方法の類型―IFRS3からIFRS3(R)に至るまでの変遷」

第35号(平成21年3月発行)
① 青木章道・岩田弘尚・櫻井通晴所員「レピュテーション・マネジメントに関する経営者の意識」
② 夷谷廣政所員「原価計算の起源」
③ 奥西康宏所員「2008年世界金融危機の監査に対する影響の予備的考察」

第34号(平成20年3月発行)
① 夷谷廣政所員 「相関係数は原価計算の救世主か?」
② 伊藤和憲所員 「原価企画の実態調査」
③ 奥西康宏所員 「会計上の見積りの監査に関する米国SEC処分事例の分析の試み」
④ 柳 裕治所員 「ドイツ税法会計制度の変遷と展望」

第33号(平成19年3月発行)
① 夷谷廣政所員 「部門別計算の存在理由?-原価歪曲差異の視点から-」
② 伊藤和憲所員 「品質向上と戦略実行のマネジメント」
③ 国田清志所員 「会計基準のグローバルコンバージェンスに向けて-「概念フレームワーク」の検討を中心にして-」

第32号(平成18年3月発行)
① 夷谷廣政所員 「コスト・ドライバー選定のための意思決定」
② 国田清志所員 「新会計基準と会計概念フレームワークの利用可能性」
③ 櫻井道晴所員 「Decline of Corporate Reputation Caused by Violation of Corporate Governance and Compliance」
④ 菱山 淳所員 「オペレーティング・リースの資本化」

第31号(平成17年3月発行)
① 夷谷廣政所員 「原価歪曲差異解消プランの再検討」
② 櫻井通晴所員 「行政アウトソーシングにおけるSLA-情報システム購入契約との関係で―」
③ 黒川保美所員 「わが国における社会責任会計の動向」
④ 国田清志所員 「わが国における会計概念フレームワークの役割」
⑤ 渋谷武夫所員 「活動性分析について」

第30号(平成16年3月発行)
① 夷谷廣政所員 「実際原価差異の新体制―原価歪曲差異の新提案―」
② 国田清志所員 「『アメリカ会計基準設定における原則に基づくアプローチ』研究―会計報告システム構築の方向性―」
③ 首藤昭信所員 「産業特性が経営者報酬と企業業績の関係に与える影響」
④ 渋谷武夫所員 「長期安全性分析の考察」

第29号(平成15年3月発行)
①夷谷廣政所員 「原価要素補償貢献額計算の形成 -逆行原価計算のシステム完結-」
②菅本栄造所員 「わが国製造企業の業績管理会計 -住友電気グループのラインカンパニー制のケース-」
③国田清志所員 「G4+1諸国における会計概念フレームワークの類型」

第28号(平成14年3月発行)
①渋谷武夫所員 「資本利益率による収益性分析」
②櫻井通晴所員 「EVAと社内金利制度との統合」
③夷谷廣政所員 「環境原価計算とエントロピー -環境指向逆行原価計算の経営経済学的含意-」

(Ⅱ)所報「会計学研究所報」

第33号(平成30年3月発行)
松本徹所員 「非金融資産の測定方法に関する考察-生物資産における残余法を中心に-」

第32号(平成29年2月発行)
国田清志所員「IFRS第15号における収益認識アプローチとIASB概念フレームワーク-会計情報と利益計算構造の検討を中心として-」

第31号(平成28年3月発行)
菱山淳所員「新リース会計基準のもとでのリース取引の判断(1)-IAS17のもとでのIFRIC解釈指針第4号との比較検討-」

第30号(平成27年4月発行)
谷守正行所員「銀行原価計算の適合性の歴史と課題-成長戦略に資する銀行原価計算の要件-」

第29号(平成26年6月発行)
植田敦紀所員「生物多様性の会計」

第28号(平成25年11月発行)
成岡浩一所員「発生項目、営業サイクルおよび将来業績の関係」

第27号(平成25年3月発行)
伊藤和憲所員「管理会計における統合報告の意義」

第26号(平成24年1月発行)
渋谷武夫所員・張夏玉氏「環境会計から見る財務報告の変容」

第25号(平成23年5月発行)
西居豪所員「バランスト・スコアカード研究の系譜と展望」

第24号(平成23年2月発行)
伊藤和憲所員および関谷浩行氏「ベンチマーキングの事例研究―業務活動から戦略実行へ―」

第23号(平成23年1月発行)
伊藤和憲所員「戦略実行の成功と失敗の要因」

第22号(平成22年3月発行)
山内暁所員「米国における無形資産と暖簾に係る会計処理方法の歴史(1)―ARB24(1944)の規定と1940年代後半の実務―」

第21号(平成22年3月発行)
国田清志所員「契約における正味ポジションの変動にもとづく収益認識の検討-簿記での対応を中心として-」

第20号(平成22年2月発行)
伊藤和憲所員「グループ経営戦略とグループ子会社の業績評価制度―日本経営品質賞のアセスメントによる検討―」

第19号(平成21年3発行)
「シンポジウム:会計教育の現状と課題」
討論者:鈴木 豊氏(青山学院大学大学院・会計プロフェッション研究科教授)
    小林啓孝氏(早稲田大学大学院・会計研究科教授)
    柳 裕治氏(専修大学商学部教授、専修大学会計学研究所・所長)
司会者:渋谷武夫氏(専修大学商学部教授、40周年記念行事実行委員会・委員長)
テーマ:会計教育の現状と課題

第18号(平成21年1月発行)
斉藤静樹 氏 (東京大学名誉教授、明治学院大学経済学部教授)「会計基準の現状と課題」

第17号(平成20年3月発行)
伊藤和憲所員「戦略マネジメント・システムの事例調査」

第16号(平成19年3月発行)
櫻井道晴所員 「SCR活動が及ぼすコーポレート・レピュテーションへの影響-ナショナルFF式石油温風機事故との関係で-」

第15号(平成18年3月発行)
武田隆二氏 「会計制度の新たな動向」

第14号(平成17年11月発行)
奥村輝夫所員 「製造勘定と仕掛品勘定に関する一考察-史的展開を中心として-」
渋谷武夫所員 「利益増減分析の考察」
渋谷武夫所員 「市場評価分析の考察」

第13号(平成17年3月発行)
国田清志所員 「会計概念フレームワークにおける問題の諸相―新しい会計基準システムの構想に向けて―」

第12号(平成17年3月発行)
首藤昭信所員 「利害調整研究の新展開」

第11号(平成16年3月発行)
国田清志所員 「アメリカ会計概念フレームワークの歴史的考察」

第10号(平成16年3月発行)
渋谷武夫所員 「ギブスンの経営分析論」

第9号(平成15年9月発行)
首藤昭信所員 「連結会計情報が経営者報酬制度に与えた影響に関する実証分析」

第8号(平成15年2月発行)
安藤英義(一橋大学大学院教授) 「日本の企業会計の特殊性 -会計制度と会計原則・基準の関係-」

第7号(平成15年1月発行)
渋谷武夫所員 「財務諸表分析の応用(翻訳)」

第6号(平成14年12月発行)
首藤昭信所員 「経営者報酬制度における相対業績評価に関する実証分析」

第5号(平成14年6月発行)
菅本栄造・伊藤克容所員 「原価改善活動を促進するマネジメント・コントロール・システムに関する事例研究 -精密機械製造企業におけるグループ経営-」

第4号(平成14年2月発行)
竹本達廣所員 「資本予算における投資実施時点の決定」
センディ

センディナビ