• Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Google+

2017年度 活動報告

平成29(2017)年度活動報告

A 運営

1)所員総会の開催

平成29(2017)年6月27日(火)14:00~14:45 神田校舎1号館8A会議室

 (出席者55名 委任状21枚)

議題:1)2017年度法学研究所所員名簿の確認

   2)2016年度法学研究所事業報告および収支決算

   3)2017年度法学研究所事業報告(案)および収支予算(案)

   4)次期所長の選出

   5)紀要の編集方針(案)、執筆要綱(案)について

   6)その他

 

(2)運営委員会の開催

①平成29(2017)年5月9日(水)16:00~17:50 神田校舎1号館 法学研究所

(出席者4名)

議題:1)2017年度法学研究所所員名簿の確認

   2)平成28(2016)年度事業報告・収支決算について

   3)平成29(2017)年度事業計画(案)・収支予算(案)について

   4)次期所長、事務局長、事務局員、運営委員の選出について

   5)紀要の編集方針(案)と執筆要領(案)について

   6)紀要43号(民事法の諸問題ⅩⅤ)の編集担当者と今後の日程について

   7)法学研究所50周年記念事業の企画について

   8)2017年度公開講座の実施について

   9)所報55号の刊行予定について

   10)その他

②平成29(2017)年10月24日(火)17:00~18:30 神田校舎1号館 法学研究所    

(出席者8名) 

議題:1)2018年度事業計画・予算要求について

   2)法学研究所50周年記念事業の企画について

   3)合宿研究会の企画について

   4)今年度実施の公開講座進捗状況の報告

   5)紀要・所報編集の進捗状況の報告

   6)その他

 

B 研究活動   

(1)法学ワークショップの開催

①平成29(2017)年7月4日(火)15:00~18:00 神田校舎1号館 ゼミ54教室

 (6名参加)

 テーマ:明末清初期政治思想研究の回顧と展望─修養(工夫)論をめぐって

    報告者:原 信太郎アレシャンドレ(早稲田大学非常勤講師)

    対論者:菅原 光 所員

②平成29(2017)年7月18日(火)16:00~18:30 神田校舎1号館 ゼミ42教室

(12名参加)

 テーマ:マンジュ(満洲)王朝としての大清帝国の国制とその歴史的位置─八旗制を中心に

  報告者:杉山 清彦(東京大学准教授)

  対論者:加藤 雄三 所員

③平成29(2017)年7月22日(土)15:30~17;30 神田校舎1号館 ゼミ42教室

 (16名参加)

 テーマ:韓国における大統領弾劾とメディア

  報告者:韓 永学(北海学園大学教授)

  対論者:牧野力也(筑波学院大学非常勤講師)

  司 会:中川敏宏 所員

④平成29(2017)年9月9日(土)15:30~17:30 神田校舎7号館 783教室

   (10名参加)
 テーマ:AtypicaI work in the UK and EU in times of Brexit

                ブレクジット下のイギリス・EUにおける非典型労働

  報告者:イワン・マッコウギー (キングスカレッジ)

  通 訳:新屋敷恵美子(九州大学法学部准教授)

  司 会:長谷川聡 所員

  

(3)合宿研究会の開催

平成30(2018)年2月25日(日)~26日(月) TKPガーデンシティ千葉

(20名参加)

  久保田祐介 所員  単一国家と連邦理論─オリヴィエ・ボーの連邦論から

  深澤 民司 所員   21世紀のファシズム

 

C 刊行物

(1)法学研究所紀要の刊行

紀要第43号『民事法の諸問題XV』 平成30(2018)年2月28日(水)600部発行

 論説

  家永 登  イギリス法における法的性別の決定基準

  小川浩三  法学史におけるD.19,1,13pr

  田口文夫  責任無能力者の加害行為と監督義務者の責任

  中川敏宏  韓国民法上の相続回復請求制度に対する史的素描(1)

 

(2)法学研究所所報の刊行

①所報第55号 平成29(2017)年12月20日(月)500部発行

 論説

  内藤光博   イタリアの大学教育と政治・憲法状況      

  杉山清彦   マンジュ(満洲)王朝としての大清帝国のその歴史的位置

  前川 亨   1989年6月4日の北京を振り返る

 特集 公開シンポジウム『韓国の法と社会・歴史─われわれは、なぜ韓国法に学ぶのか』  

  報告 岡 克彦    韓国の裁判制度における「司法の政治化」という現象

  報告 國分典子    韓国の統治機構───「大統領制」と「憲法裁判所」

  報告 青木 清    変革期の「家族」と法

     

②所報第56号 平成30(2018)年2月20日(月)500部発行

 論説

  川上洋平  啓蒙と政治

 特集 学生と市民のための公開講座『現場からの法律学・政治学Ⅱ』

  第一回  国際法・国際政治の現場から

  報告  角谷 亮  日本の人道援助活動の現状と課題

  第二回  地方行政の現場から

  報告  内野桂子 自治体における多文化共生の取り組み─新宿区の事例と国の入官政策の動向  

  第三回  刑事法・刑事政策の現場から

  報告  田口寿子 精神障害と犯罪─司法精神医療の現場から    

    

D 市民講座

  現場からの法律学・政治学Ⅱ

  • 平成29(2017)年10月2Ⅰ日(土)14:00~16:00 神田校舎5号館571教室

   (出席者35名)

   テーマ:国際法・国際政治の現場から

    報告者:角谷 亮(前・認定NPO法人難民を助ける会プログラムコーディネーター)「日本の人道援助活動の現状と課題」

    対論者・コーディネーター:森川 幸一

  • 平成29(2017)年11月25日(土)14:00~16:00 神田校舎1号館204教室

   (出席者30名)

   テーマ:地方行政の現場から

    報告者:内野桂子(新宿区地域振興部多文化共生推進課長)「新宿区における多文化共生施策の現状と課題」

    対論者・コーディネーター:鈴木 潔

  • 平成29(2017)年12月9日(土)14:00~16:00 神田校舎5号館571教室

   (出席者110名)

   テーマ:刑事法・刑事政策の現場から

    報告者:田口寿子(国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター病院司法精神科医長)「精神障害と犯罪─司法精神医療の現場から」

    対論者・コーディネーター:渡邊 一弘

 

E 法学研究所設立50周年記念 公開シンポジウム

 平成30(2018)年2月3日(土)13:00~18:00(12:30開場 神田校舎7号館731教室(出席者100名)

 テーマ:対話する国家・社会へ

   開会の辞:前川 亨

   司 会 :白藤博行

 基調講演 対話する力とは何か 報告者:暉峻淑子(埼玉大学名誉教授)

  • 個別企画 ①国際法・国際政治における対話

          報告者:妹尾哲志    

          対論者:森川幸一

        ②裁判員制度における対話

          報告者:飯 考行    

            対論者:稲垣悠一

        ③医療における対話

          報告者:家永 登

          対論者:二本柳高信

   閉会の辞:前川 亨

 

F その他

  従来からの「法律判例文献情報」を継続購入したほか、書籍等を購入した。

                                       以上

センディ

センディナビ