• Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Google+
2020.02.10()
管理者用(広報課専用)専修大学TOPICS文学部社会連携在学生SNS教育・ゼミTOPICSTOPICSFacebookTwitter

文学部・川上ゼミ 雑誌『SHOW』14号発刊

20200210川上ゼミ[show]

▲SHOW14号

文学部日本文学文化学科の川上隆志ゼミによる雑誌『SHOW』14号が完成した。企画、取材、撮影、執筆、編集をすべて学生が行い、年1回発行している。

今号の特集は「食の豊かさ」。食品ロスやコミュニティーカフェ、純粋菜食主義(ヴィーガン)などを取り上げ、関係者にインタビュー。家畜にストレスを与えず飼育する「アニマルウェルフェア」では東京・八王子の牧場を取材し、日本ではあまり知られていない畜産動物の福祉と、食の関係を問いかけた。編集長の稲川佳楓さん(文3)は「食品ロスといった物理的な側面だけではなく、食の選択の豊かさや、食事環境の豊かさ、食品開発の豊かさなどさまざまな切り口で掘り下げた」と話す。
このほか、ウェブメディアで活躍のライター・カツセマサヒコさんのインタビュー、共有スペースや共同作業で緩やかにつながりながら暮らす「コレクティブハウス」の紹介など、特集以外の記事も充実している。
稲川さんは「学生の視点から社会はどう見えるのだろう?というところから、今年の『SHOW』は生まれた。社会問題の深刻さを伝えるよりは改善に向けての取り組みや、新しいアプローチを取り上げている。何だか希望が持てる、そんな雑誌になったと思う」と話す。

『SHOW』14号は生田キャンパス9号館の図書館本館前のラックで無料配布。希望者はkawatakazemi@gmail.comにメール。

20200210川上ゼミ[show」01

20200210川上ゼミ[show」03

▲SHOW14号から

関連情報

センディ

センディナビ