• Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Google+
2019.11.21()
管理者用(広報課専用)専修大学TOPICS研究文学部SNSイベントTOPICSTOPICSFacebookTwitter

チェコ共和国で「コーパス日本語学ワークショップ」
文学部・丸山教授が講義

20191121チェコ共和国で「コーパス日本語学ワークショップ」3

▲コーパス日本語学ワークショップに参加した丸山教授(左)
チェコ共和国のプラハ・カレル大学で、ワークショップ "Corpora and Japanese Linguistics" が11月8日から10日にかけて開催され、文学部日本語学科の丸山岳彦教授が講義を行った。

チェコ共和国で日本語を専攻できる学科を持つ大学は、プラハにあるプラハ・カレル大学、ブルノにあるマサリク大学、オロモウツにあるパラツキー大学の3大学である。今回のワークショップは、これら3大学で日本語学を教えているチェコ人の教員らと丸山教授が、昨年度から合同で企画を進めていたものである。会場には、3大学の学部生、大学院生、教員をはじめ、在チェコ日本大使館日本広報文化センターの職員など、計34人が詰めかけた。
3日間のワークショップでは、丸山教授が「コーパス日本語学」について英語で講義と演習を行ったのに続いて、プラハ・カレル大学のAlexandr Rosen氏が「チェコ語ナショナルコーパス」についての講義と演習を、英国ランカスター大学のVáclav Březina氏がコーパスと統計処理に関して講義した。日本語とチェコ語のコーパスをさまざまな角度で比較しながら利用する、非常に充実したワークショップとなった。

丸山教授は、言語学の研究にとってなぜコーパス(大規模な言語データベース)が必要かを説明した後、日本におけるコーパス構築の歴史と現状を講義し、さらにインターネット上で利用できる複数の日本語コーパスの検索方法と、集計・分析の方法について演習を行った。参加者はコンピュータを使いながら日本語コーパスの検索と集計のテクニックをグループワークで学び、その結果を発表した。

20191121チェコ共和国で「コーパス日本語学ワークショップ」1

チェコにおける言語研究は水準が高く、1920年代に端を発する「プラハ学派」による言語研究は、現在も続けられている。日本語を学ぶチェコの学生たちのレベルの高さに驚いたという丸山教授は、「今後もチェコとの交流を進めていきたい」と話す。

関連情報

センディ

センディナビ