• Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Google+
2019.10.21()
管理者用(広報課専用)専修大学TOPICS図書館在学生SNSイベントTOPICSTOPICSFacebookTwitter

図書館本館で秋の企画展「書do!」展を開催

20191021書do!展05

図書館秋の企画展「書do!展」が10月14日から、生田キャンパス9号館図書館研修室で始まった。本学が所蔵する書道に関する貴重資料など約30点を展示している。実際に筆を執って書をしたためるコーナーもあり、書「do(=する)」をさまざまな角度から楽しむことができる。11月3日(日・祝)まで。
古くから日本や中国で書の手本とされてきた「千字文(せんじもん)」。4字を1句として250句・1000字ある。特徴の異なる11点を展示し、書体などを見比べることができる。展示に協力した松尾治文学部准教授(書道)らの現代書道作品も展示(期間中入れ替えあり)。

書道に欠かせない文房四宝(筆・墨・硯・紙)も紹介している。なかでも紙に注目し、かな文字を書くために美しく装飾が施された「かな料紙」を並べた。また、和紙の紙すき工程を図説した江戸時代の書物の復刻版を手に取って見ることができる。
「レッツ書do!」のコーナーでは、千字文を実際に書いたり、水書き書道を体験できる。

10月28日(月)15時から、生田キャンパス3号館「蒼翼の間」で、かな料紙製作者・小室久さんの講演会と実演がある。

20191021書do!展03

▲かな料紙を使った作品

20191021書do!展01

▲来場者がしたためた千字文。
       9号館ブラウジングプラザに展示している

20191021書do!展02

▲さまざまな書体の「千字文」

関連情報

センディ

センディナビ