• Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Google+
2019.08.01()
管理者用(広報課専用)専修大学TOPICS商学部SNS在学生受賞・表彰FacebookTOPICSイベントTwitter

「7大学+α対抗プレゼンバトル2019」で優勝
 商学部・岡田穣ゼミの3年次生チーム

20190801商学部・岡田穣ゼミの3年次生チーム「7大学+α対抗プレゼンバトル2019」優勝

▲岡田穣教授(前列中央)とゼミ生
商学部・岡田穣ゼミの3年次生チームが「7大学+α対抗プレゼンバトル2019」で優勝し、日産自動車による初のビジネスコンテストへの推薦枠が与えられた。

プレゼンバトルは玉川大学工学部主催。企業のビジネス課題に取り組んでいる各大学が合同でプレゼンテーション大会に挑む。4回目となる今年は7月13日に開催された。テーマは日産自動車による「2030年の日産の新しいクルマのビジネスモデル」。7大学と3高校の学生・生徒がエントリーした。

20190801商学部・岡田穣ゼミの3年次生チーム「7大学+α対抗プレゼンバトル2019」優勝08

▲「Weiβ」の装着をイメージしてプレゼンした
岡田ゼミは3年次生全9人で挑戦。年を取って運動能力が低下しても行動が制限されることなく、高齢者が外に出て活躍できる方法を模索した。

提案したのが進化系の車いす「Weiβ(ヴァイス)」。パワードスーツ型の車いすを想定し、空気いすのようなものに腰掛けて移動できるほか、人工筋肉を搭載し、アプリから「走る」「踊る」などの機能をダウンロードできる。メンテナンスやコミュニティーの場として日産の販売店を活用する。
大会では「Weiβ」の装着をイメージしてプレゼンを行った。日産社員らによる審査では「発想が面白く、プレゼンもいい。論理展開もしっかりしていた」と評価され、優勝に輝いた。発表した清水谷冬馬さんは「未来のクルマ社会をイメージするのが難しかったが、お年寄りへのヒアリングや日産本社への見学などでイメージを組み立てていった」と振り返る。

特典として、日産の新たなモビリティサービスを企画、実行する「フューチャー モビリティ コンテスト」へのシード権が与えられた。9月の本選に向け、清水谷さん、岡本梨奈さんら4人で挑む。岡本さんは「プレゼンバトルでは、日産ならではの視点が欠けていたことが反省点。次はしっかりと取り組みたい」と意気込んでいる。

20190801商学部・岡田穣ゼミの3年次生チーム「7大学+α対抗プレゼンバトル2019」優勝05

▲優勝し日産のビジコンへの推薦が決まった

関連情報

センディ

センディナビ