• Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Google+
2019.07.23()
管理者用(広報課専用)専修大学TOPICS図書館在学生SNSイベントTOPICSTOPICSFacebookTwitter

図書館本館で企画展「江戸の妖怪大集合」開催中

20190723図書館企画展「江戸の妖怪大集合」01

図書館企画展「夏に帰ってきた! 江戸の妖怪大集合」が7月22日から生田キャンパス9号館3階図書館研修室で始まった。本学所蔵の戯作コレクション「向井信夫文庫」の中から、『東海道四谷怪談』『画図百鬼夜行』『絵本玉藻譚(えほんたまもものがたり)』『頼豪阿闍梨恠鼠伝(らいごうあじゃりかいそでん)』『白縫譚(しろぬいものがたり)』など、妖怪や幽霊、化け物、妖術使いなどを題材とした24作品(個人蔵含む)を展示。迫真に迫る幽霊や妖怪、神秘的でユーモラスに表現された動物などが多数登場している。妖怪をテーマにした企画展は2016年に続いて2回目。
展示の中心となる向井信夫文庫は、江戸期和本の収集家である故向井信夫氏旧蔵資料を購入した図書館の貴重書コレクションの一つ。江戸後期の小説である戯作を中心に江戸期を彩るさまざまな書物がそろっている。

展示に協力した板坂則子文学部教授(江戸期の文学・文化)は、「向井文庫は、初版本が多く摺りの良い本が多い。線画の一本一本が美しく、微妙な色合いも楽しめる。こういった本物にぜひ、触れてほしい」と話している。

企画展は8月4日(日)まで。月~金曜は正午~16時30分。土・日曜は11~15時。7月31日(水)14時20分からギャラリートークもある。入場無料。問い合わせは専修大学図書館TEL044・911・1274

20190723図書館企画展「江戸の妖怪大集合」04

▲『頼豪阿闍梨恠鼠伝』から

20190723図書館企画展「江戸の妖怪大集合」02

20190723図書館企画展「江戸の妖怪大集合」05


関連情報

センディ

センディナビ