• Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Google+
2019.07.17()
専修大学国際交流・留学TOPICS

国際交流会館 寮内イベント紹介

国際交流会館には、春、夏、秋、冬と年4 コース開講される日本語・日本事情プログラムに参加する短期留学生、最長1年間自分の専門に関する本学の正規授業を聴講する長期交換留学生、そして短期留学生と約半年間ルームシェアしながら多様性理解を深める寮内留学プログラム参加生―レジデント・パートナー(RP)及び留学生のサポート役である学生スタッフのレジデント・アシスタント(RA)5名が学び合いながら生活しています。
会館内では、国際交流事務課が日本語・日本事情プログラムとして行うイベントの他、寮内留学プログラム参加生(RP)が企画・主催し、留学生達をもてなすイベントも開催されます。
7月2日(火)にRPによる縁日イベントが開催されました。
また、今期はフランス人短期留学生7名の主催によるクレープパーティーも7月9日(火)に開催されました。

縁日1

縁日2

縁日イベントに実施に携わったRPからのことば
夏期日本語・日本事情プログラムが始まって最初のRP主催のイベントとして、「i-houseの縁日」を開催しました。今回のイベントでは「輪投げ」、「射的」、「落書きせんべい」、「折り紙」、「コイン落とし」といった「日本の縁日といえば!」というゲームを留学生に紹介しました。また、縁日には欠かせない「ラムネ」も皆で飲みました。
「縁日って何だろう?」と全く知らない留学生がほとんどの中で開催したイベントでしたが、日本語、英語を使って留学生に縁日の魅力を伝えることができたと思います。射的や輪投げでは、お菓子をもらえるよう、皆真剣な表情で頑張っていて微笑ましかったです。落書きせんべいではそれぞれ好きな絵を描き、個性の出る良い作品となったと思います。折り紙も、中には初めて体験する子もいて、皆興味津々でした。皆が縁日を楽しむことができ、i-houseの中が笑顔であふれた素敵なひと時となりました。(庄司春香さん/商・マーケティング学科2年)
企画に携わったRPメンバー

縁日

前列:(左より)金子梨紗さん(経営・経営学科2年)、小林咲乃さん(文・人文ジャーナリズム学科2年)、後列:(左より)室屋光里さん(文・英語英米文学科2年)、渡辺小春さん(法・政治学科3年)、庄司春香さん(商・マーケティング学科2年)、川井千夏さん(経済・国際経済学科2年)
寮内留学プログラムは、日本にいながらにして、また、専修大学で学生生活を送りながら、様々な国の留学生の文化に触れたり、友情を育める、とても魅力的なプログラムです。多くの参加者の人生を変えてきた「寮内留学」に、あなたも挑戦してみませんか?(寮内留学プログラム詳細はこちらをクリック)

また、寮内留学に参加しなくても、専修大学生なら誰でも登録できる異文化交流ボランティア、キャンパスアシスタント(CA)になると、異文化交流の様々なイベントに参加することができたり、国際交流会館の2階ダイニングに入ることができ、留学生との交流の場を持つことができます。キャンパスアシスタントに登録していない方は、ぜひ登録して、魅力的な異文化交流に身近で参加する機会を楽しんでください。(キャンパスアシスタント詳細はこちらをクリック)
センディ

センディナビ