• Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Google+
2019.02.15()
管理者用(広報課専用)専修大学TOPICS経営学部社会連携在学生SNS教育・ゼミTOPICSTOPICSTOPICSFacebook

「新」「改」軸に活躍する人々にインタビュー
 文学部・川上ゼミ 雑誌『SHOW』13号発刊

20190131show_vol.13発行TOP

▲SHOW13号
文学部の川上隆志ゼミが制作した雑誌『SHOW』13号がこのほど発行された。『SHOW』は企画、取材、編集、デザインまでのすべてを学生の手で行う。年1回発行。26人のゼミ生を代表して編集長の三﨑友也さん(3年次)に、盛りだくさんの内容を紹介してもらった。

今回の『SHOW』では、二つの企画「あらた」を考えました。新しいモノにスポットを当てた「新」。改めて見てみよう、考えてみようという企画が詰まった「改」。新しいモノに触れて視野を広げる→改めて物事を考えてみる→予想もしなかった発見をする。この一連の流れを、旅に当てはめて展開し、一冊の雑誌に仕上げました。

特集「自分の可能性」では、人に奢(おご)ってもらうことで生きているプロ奢ラレヤ―さん、専大卒業生で元編集者、著述家の山口ミルコさん(昭63文)らにインタビューしました。彼/彼女たちの生き方から、自分の中に眠っているかもしれない可能性を見つけてほしいという願いを込めて編集しました。ほかに、ボカロについての特集、大手出版社4社の若手社員座談会なども掲載しています。さらに、山田健太文学部教授(言論法)のインタビューや、演劇を研究する小山内伸ゼミのゲネプロ潜入記なども。
今年は平成が終わり、2020年には東京オリンピック・パラリンピックを迎えます。社会が大きく変わり、新しい時代を迎えるこのタイミングは、新しい価値観・考え方に出会えるまたとないチャンスです。新しい自分・新しい世界に出会うきっかけを今回の『SHOW』は提供しています。この雑誌は読者である皆さんに読んでいただいて初めて完成します。知らないモノを知りに行くための旅にぜひとも出てみてください。

※『SHOW』13号を希望の方はshow.editor13@gmail.comまで。生田キャンパスの川上研究室に直接来ていただくか、郵送いたします。郵送費は負担していただきます。

20190130show_vol.13発行-02

20190130show_vol.13発行-01

▲『SHOW13号』掲載の一部

関連情報

センディ

センディナビ