• Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Google+
2018.12.07()
管理者用(広報課専用)専修大学TOPICS図書館在学生SNSイベントTOPICSTOPICSFacebook

図書館本館で企画展「メキシコ 絵文書に見る古代文明の歴史」開催

20181207メキシコ絵葉書展_トップ

▲アステカ王国で作られた絵文書のファクシミリ(複製版)

生田キャンパス図書館本館で企画展「メキシコ 絵文書に見る古代文明の歴史」が開催されている。15~16世紀、現在のメキシコを中心としたアステカ王国で作られた絵文書のファクシミリ(複製版)16点と写真パネル、関連本を展示している。

独特の絵で描かれた暦や儀礼、神々の記録や貢納品の台帳は、色鮮やかでどこかユーモラス。西洋とも東洋とも違うアメリカ大陸独自の書物を目にすることができる。
本展示は井上幸孝文学部教授(ラテンアメリカ史、メキシコ史)が参加する科研費・新学術領域研究「古代アメリカの比較文明論」の協力。井上教授によると、古代アメリカ文明の絵文書がこれだけ集まった展示は国内でも例がないという。「この機会に、古代アメリカの文化に触れてほしい」と話している。

企画展は12月14日(金)まで、正午~16時30分。土日は10時~14時。
 

20181207メキシコ絵葉書展_01

20181207メキシコ絵葉書展_02


関連情報

センディ

センディナビ