• Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Google+
2018.11.29()
管理者用(広報課専用)専修大学TOPICS国際交流・留学在学生学生生活SNS国際交流TOPICSTOPICSTOPICSFacebook

短期留学生と交流 ランチミーティング

20181129ランチミーティング_22日

▲インドについて紹介した22日のランチミーティング
本学で学ぶ短期留学生と専大生が交流するランチミーティングが11月19、22の両日、生田キャンパスの国際交流会館で行われた。19日はウクライナ出身のイリナさん、22日はインド出身のアディティさんが母国のことを紹介した。

22日はキャンパスアシスタント(CA)に登録している学生4人が参加した。アディティさんは「インドでもっともポピュラーな果物はマンゴー」(生産量世界一で種類も豊富)、「ヨガは体を動かすイメージが強いが、生活全般を整えるもの」など、あまり知られていないインドの文化、風習を説明。パソコンで写真を見せながら、タージマハルなどの観光スポットも紹介した。
インドの結婚式について「3~4日に及び、約500人が出席する大きな催しで本当に大変」と紹介すると、学生たちは日本との習慣の違いに驚いていた。

CAの「州などによって言語が異なり、インドの指定言語は20以上あると聞いたが、いくつくらい話せるのですか」との問いに、「私は、2言語が良くでき、3言語が分かるレベル。都市部では英語が通じ、仕事でも英語が使われることが多い」と答えた。

終了後も積極的に質問していた商学部の女性は「インドはまだ訪れたことがないが、興味があった。アディティさんの話を聞き、行きたい気持ちが強くなった」と話した。

アディティさんは12月13日(木)の昼休み(12:20~12:50)にも「留学生による異文化理解講座」(9号館977教室)でインドの生活や文化について紹介する予定。インドを深く知るきっかけになるかもしれない。

20181129ランチミーティング

アディティさん

関連情報

センディ

センディナビ