• Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Google+
2018.10.29()
管理者用(広報課専用)専修大学TOPICS大学院研究在学生文学部イベントTOPICSTOPICSTOPICSTOPICS教育・ゼミ

ボイスサンプルや日本語の発音について講演 大学院公開講座

20181026大学院公開講座

大学院公開講座PART1「日本文化と日本語」の第3回が10月19日、神田キャンパスで行われた。ナレーター、声優として活躍する松田佑貴さんが「ナレーションと日本語―発音とボイスサンプル作成の基礎―」と題して講演した。講座には学生、大学院生のほか日本語教師も多く出席し、日本語の発音やボイスサンプルについて理解を深めた。

20181026大学院公開講座01

▲講演する松田佑貴さん
松田さんはアニメやゲームのキャラクターの声、CMなどのナレーションを行うなど多方面で活躍。NHK朝の連続テレビ小説では18年間、目の不自由な人向けの副音声ナレーションを務め、現在放送中の『まんぷく』でも副音声を担当している。ナレーションのボイスサンプルの作成にも携わり、ナレーターを支える活動にも取り組んでいる。

講演では、ナレーターの仕事を説明し、仕事につながるボイスサンプルについて解説した。
ボイスサンプルは、キャラクターのセリフやナレーション原稿などを読み上げたサンプルを収録する。声の特徴や演技の幅を示す〝声の名刺〟で、番組によって求められる声質や読み方が異なるため、ニーズに合わせたボイスサンプルが必要となる。
「CMかスポーツ関係かなど仕事のターゲットを決める。それに合わせて原稿を選び、音楽を選ぶ。原稿には起承転結があるので、音楽はナレーションを引き立たせるものを選ばなければならない」とサンプル作りのプロセスを話した。
さらに、日本語の発音について解説した。アクセント、滑舌、発声、表現技術などのプロのテクニックを紹介。「ただ大きな声を出すのでなく、口を横に広げるなど意識することで、小さな声でも遠くに伝えやすくなる」と話し、聴講者全員が実践してみた。

日本語の発音の特徴である一文字一拍を説明。「日本語だとビューティフル(Beautiful)は『ビュ』『ー』『ティ』『フ』『ル』の5拍だが、英語は「Beau」『ti』『ful』の3音節になる。長音(ー)、撥音(ん)、促音(っ)を1拍として捉えるのは日本語の特徴で、日本人でもしっかりと意識して話している人は少ない」と説明した。

20181026大学院公開講座02

▲司会進行の大塚明子さん
ほかにも「新宿(shinjyuku)と新橋(shimbashi)は、同じ『ん』でもnやmになる。『ん』の次の子音の口の形で発音が異なる」――など、具体例を挙げながら解説し、「発声、表情、滑舌がナレーターに必要な3要素。聞く人に楽しんでもらうことを常に意識している」と話した。

20181026大学院公開講座03

▲王伸子大学院文学研究科教授
大学院文学研究科修士課程の大塚明子さんの司会で質疑応答が活発に行われた。
「自分の声にコンプレックスがある」という発言には、「コンプレックスを感じて声が小さくなったりするのはもったいない。個性を受け入れ、どんどん使ってほしい」と話した。

外国人に日本語を教えている人からの質問に、王伸子大学院文学研究科教授は「外国人学習者にとって、長音、促音、撥音を意識することは難しい。『奨学金』をキーボードに入力する際、『syogakukin』ではなく『syougakukin』で変換できることで間違いに気付くケースがある」と話した。
日本語教師の女性は「具体的な話が多く、自分の授業にぜひ取り入れたい」と話していた。

松田さんの講演を受け、26日には王教授が、「日本語教育における新しい音声指導法『ボイスサンプルプロジェクト』」をテーマに講演。ボイスサンプルを日本語学習の教材として活用する方法を報告した。

関連情報

センディ

センディナビ