• Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Google+
2018.10.01()
専修大学管理者用(広報課専用)国際交流・留学TOPICSSNSTOPICS国際交流Facebook

平成30年度 寮内留学プログラム(後期)& 秋期 短期留学生向け 日本語・日本事情プログラム スタート!

H30寮内留学プログラム(後期)開校式

2018年9月5日、平成30年度寮内留学プログラム(後期)開講式が開催され、平成30年度後期寮内留学がスタートした。
高橋裕国際交流センター長から、寮内留学に向けての寮内留学生としての心得などの話があり、寮内留学生達の身も引き締まった様子だった。

翌日からは英語でのコミュニケーショントレーニングとして約1週間の『English Camp』、多様な文化背景を持つ留学生と生活を送る上で求められるRP(Resident Partner:寮内留学プログラム参加生)としての役割、ケーススタディ、トラブルの対処法を学ぶ『異文化コミュニケーショントレーニング』、『RPグループワーク』を経て、短期留学生を迎え入れる準備は万端。

9月21日には秋期日本語・日本事情(JLC)プログラム、日本理解(BCL、Year-Long)プログラムの短期留学生が来日した。週明けの9月25日には、短期留学生にプレイスメントテスト、開講式、歓迎会、Tea Partyが行われた。

国際交流会館で開催されたTea PartyはCA(Campus Assistant:国際交流ボランティアに登録している専修大学生)も沢山訪れ、総勢65人。パーティー終了後にも話がつきることがないほど、盛り上がった。

秋期の留学生は約3ヶ月と滞在期間が長い。12月15日退寮までの3ヶ月、寮内留学生をはじめ、CA他、沢山の日本人学生と交流し、実り多い時間が過ごせるよう期待したい。

H30寮内留学プログラム(後期)English Camp最終日_20180912

開校式から約1週間、『English Camp』最終日
すっかり打ち解けた様子の寮内留学生達

ティーパーティー20180925_2

国際交流会館で行われたウェルカムティーパーティー

ティーパーティー20180925_3

アメリカ、スペイン、ウクライナ、イギリス、アイルランド、韓国、中国、ドイツ、インド、台湾、チリと、様々な国から日本語を勉強しに来日
センディ

センディナビ