• Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Google+
2018.10.01()
専修大学CALL教室・外国語教育研究室TOPICS

外国語のススメ【第86回】言葉との付き合い方

文学部英語英米文学科准教授 岡部 玲子

第86回外国語のススメ

テッサロニキの街角
 仕事であれ旅行であれ海外に滞在する機会がある時には、現地の言葉を少しでも覚えてから行こうと、事前に小さな辞書と簡単な日常的な言い回しが載っている会話集を手に入れることにしている。アルファベットを使う言語であればその事前学習も比較的進めやすいが、苦労したのは韓国語とギリシャ語である。どちらも文字がハードルを上げている。それでも何とか文字と発音の仕組みだけ覚え、ギリシャのテッサロニキに滞在した数日間、会話集で学んだ挨拶や質問をレストランやスーパーで実際に使ってみた。最初はぎこちなかったが、ギリシャ人の発音を真似てみるうちに段々慣れてきて、ある時スーパーの店員に自然な感じで(自分で思っているだけかもしれないが)挨拶をしてみた。店員の反応から「これは通じた!」と確信した瞬間、物凄い勢いでギリシャ語が返ってきたのである。そうなるともう英語にしてもらうしかない。それでも「通じた」と感じられるのはちょっと嬉しい瞬間で、また懲りずに別の国で同じことを試してみるのである。
 英語ができれば、大概どの国に行っても困ることはないし、どの国の人とも意志疎通はできる。英語の母語話者は3~4億人。日常的に英語を使っている話者も含めると十数億人になると言われている。英語が使えれば世界の4分の1の人と話せるという計算になる。しかも私は英語の教員なので、世界共通語の英語を頑張って身につけましょう!と英語学習の意義を説いていればいいのかもしれない。でも、英語さえできれば世界中の人たちの社会や文化や考え方が理解できる、グローバルな人間になれる、というのはとても傲慢で危険な考えだと思う。もちろん短期間滞在して少し現地の言葉で会話をしてみたところで、その国のこと、その国の人々を知るなど到底できるものではないことは自明である。それでも英語以外の言葉を挨拶程度でも実際に使ってみたり、レストランのメニューを必死に解読してみたり、その土地の言葉に耳を傾けてみたりする、そんな姿勢が大事なのではないかと思っている。
 言葉は人間だけが持つ能力であり、文化の一部であり、人間を人間らしくさせているものである。英語はもちろん大事だけれど、言葉そのものに意識的になり大切に楽しむことで、日本語も英語もその他の言葉ももう少し勉強してみようかなという気持ちになるのではないかと思う。そんなことに気づかせてくれるのなら、時には言葉に翻弄されてみるのもアリかもしれない。
センディ

センディナビ