• Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Google+
2018.09.04()
管理者用(広報課専用)専修大学TOPICS在学生学生生活SNS進路支援地域連携・社会貢献TOPICSTOPICSFacebookTOPICS

「トーキョー・シゴト・ワゴン」で企業訪問

貸し切りバスで都内の中小企業を訪問する「トーキョー・シゴト・ワゴン」の専大生限定ツアーが8月10日、開催された。1~3年次生15人が参加し、若手社員らと「働くことの意義」「会社を選んだ理由」などについて懇談した。

「シゴト・ワゴン」は東京都の事業で、一般公募と大学連携型がある。都内の優良企業の現場を訪問し、経営者や社員の想いに直接触れて、将来の仕事を考えるきっかけにしてもらおうと開催している。本学での大学連携型の実施は初めて。

20180904トーキョーシゴトワゴン04貸し切りバスで企業を訪問した_

▲貸し切りバスで企業を訪問した
サテライトキャンパスを出発した一行はIT企業のテイルウィンドシステム(立川市)へ。業務の説明を受けた後、グループにわかれ、若手社員と懇談した。「文系でパソコンもほとんど触ったことがなかったが、入社後の研修や指導が充実しており、困ったことはない」との説明に、多くの学生がうなずいた。また「学生時代にしたほうがいいことは」との質問に対し、社員からは「どんな経験も力になる。いろんなことに全力で取り組んで」とのアドバイスがあった。

20180904トーキョーシゴトワゴン01_オフィスを見学

▲オフィスを見学

20180904トーキョーシゴトワゴン03_若手社員と働き方について懇談

▲若手社員と働き方について懇談

20180904トーキョーシゴトワゴン02_感想を発表する学生

▲感想を発表する学生
バスで2社目の印刷会社・金羊社(大田区)へ。CDやDVDのパッケージ印刷を手がける同社の工場を見学し、若手社員の説明を聞いた。専大文学部卒の女性社員からは「自分のやりたいことに素直に向き合って」との励ましの言葉があった。浅野晋作社長が飛び入りで訪れ「これからいろいろな会社を訪れ、それぞれの会社の空気を感じ、自分に合う会社の空気を見つけてください」と呼びかけた。

帰りのバスの中では振り返りが行われ、参加した学生はそれぞれ「ITは選択肢になかったが、専攻や学部にこだわらなくていいと視野が広がった」「社員一人一人がやりがいを持って取り組んでいることが伝わった」「大企業には名前だけで引かれるが、実際に中小企業を訪問してみて、一つの仕事をやり遂げる姿がかっこいいと思った」などの感想を発表した。

20180904_05営業やデザインなど部門ごとに若手社員の話を聞いた

▲営業やデザインなど部門ごとに
若手社員の話を聞いた   

20180904_06熱心にメモをとる学生たち

▲熱心にメモをとる学生たち

20180904_07製品づくりにチャレンジ

▲製品づくりにチャレンジ

関連情報

センディ

センディナビ