• Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Google+
2018.08.06()
専修大学管理者用(広報課専用)専修大学カップTOPICS社会連携INFORMATION地域連携・社会貢献TOPICSイベントスポーツ

2018専修大学カップ 横浜スタジアムで開会式


20180806専大カップ_2018戦大カップ開会式

▲2018専大カップ開会式

今大会で13回目となる「専修大学カップ 神奈川県学童軟式野球選手権大会」(後援:神奈川県教育委員会・テレビ神奈川・神奈川新聞社、ほか)の開会式が8月3日、横浜スタジアムで行われた。地域貢献の一環として、スポーツを通じて神奈川県内の子どもたちの健全な育成を支援するため、専修大学が2006年から神奈川県野球連盟と共催している。当日は県内各地区の予選を勝ち抜いた54チームが、元気に入場行進。

20180806専大カップ_大会会長-佐々木重人学長のあいさつ

▲大会会長 佐々木重人学長のあいさつ
大会会長の佐々木重人学長が「日頃の練習の成果を存分に発揮し感動あるプレーを期待します。保護者の皆さまには、選手が厳しい暑さの中でプレーしますので、いっそうのサポートをお願いいたします。また、今大会の運営にご尽力された関係者の皆さまに御礼申し上げます」と激励した。

いずみ少年野球クラブ(泉区代表)松井駿介主将は「僕たち選手一同は大好きな野球を心から楽しみお父さんお母さん監督、コーチたちに感謝し、仲間と力を合わせて全力でプレーすることを誓います」と力強く選手宣誓を行った。大会参加者には、代表して中井ロイアルズ(足柄上郡代表)の青木風優主将に、大会運営委員長の小野博良常務理事から、参加賞が贈呈された。

最後に、本学全学応援団チアリーダー部と専修大学附属高等学校のチアリーディング部合同チーム57人がダイナミックな演舞を披露、元気いっぱい選手にエールを送った。観客席の父母やグラウンドの選手たちから大きな歓声が上がっていた。

司会は、アナウンサー講座(本学就職部主催)受講生の岡田瑶美さん(文学部日本語学科2年次)が行った。「緊張しましたが、選手たちの元気な姿に頑張ろうと勇気をもらいました。司会進行を務めさせていただいたことは、今後の自信につながった」と話した。

20180806専大カップ_いずみ少年野球クラブ・松井駿介主将の選手宣誓

▲いずみ少年野球クラブ・松井駿介主将の選手宣誓

20180806専大カップ_司会進行の岡田瑶美さん(文学部日本語学科2年次)

▲司会進行の岡田瑶美さん(文学部日本語学科2年次)
試合は、4日から横浜市の境川遊水地公園少年球場などで繰り広げられ、9日には平塚市のバッティングパレス相石スタジアムひらつかで準決勝・決勝ならびに閉会式が行われる(雨天の場合は10日に順延)。

大会の模様は、8月26日(日)19時からtvkで2時間50分の特別番組として放送される。

20180806専大カップ_中井ロイアルズ・青木風優主将に参加賞贈

▲中井ロイアルズ・青木風優主将に参加賞贈呈

20180816専大カップ_優勝カップと盾

▲優勝カップと盾

20180806専大カップ_専修大学全学応援団チアリーダー部02

20180806専大カップ_修大学全学応援団チアリーダー部03

▲専修大学全学応援団チアリーダー部、専修大学附属高等学校チアリーディング部による合同演舞

関連情報

センディ

センディナビ