• Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Google+
2018.06.27()
管理者用(広報課専用)専修大学TOPICS在学生社会連携進路支援SNS地域連携・社会貢献TOPICSTOPICSTOPICSFacebook

「実家でくらす、地元で働く」U・I・J ターンを考える合同説明会
生田キャンパスで開催

地方での就職やインターンシップを希望する学生を支援するU・I・Jターン合同説明会が6月22日、生田キャンパスで開催され、約110人の学生が参加した。キャリアデザインセンター事務課と就職課が主催。
3回目の開催となった今回は、専修大学が就職支援協定を結ぶ自治体など、23道県、1政令指定都市の担当者がブースを設け、「実家に戻って暮らしたい」「地元で働きたい」「首都圏以外で働きたい」などといった学生の相談に応じた。

静岡県ブース

▲静岡県ブース

札幌市ブース

▲札幌市ブース
同時にLO活(LOCAL+就活:地方就職に役立つ情報を提供する厚生労働省のプロジェクト)による「インターンシップ準備講座」も開催され、夏期休暇に参加を希望する学生は有益な話を聞いた。
参加学生からは「関東では知ることが難しい地方のインターンシップ・就職情報を丁寧に説明してもらえたので、とても良かった」「地方出身者にとってはこういう機会は貴重であると感じた」という前向きな感想が聞かれた。参加自治体からも「U・I・Jターンに非常に関心のある学生と話ができて良かった」という意見が寄せられた。

全体風景

▲全部で24ブースが出展

宮崎県ブース

▲宮崎県ブース

関連情報

センディ

センディナビ