• Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Google+
2018.06.08()
専修大学法学部INFORMATION

【法学部学術講演会】ドイツミュンヘン大学ザッツガー教授による講義が行われました。

 法学部は5月30日、ドイツ国内でNo.1に評価されているミュンヘン大学(正式名称は、ルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘン)法学部教授のヘルムート・ザッツガー博士をお招きし、神田キャンパスで学術講演会を開催しました。
 ザッツガー博士は、この度の講演で「近年、欧州連合の目標設定は、経済的側面だけに限られず、欧州連合構成国間の司法的統一に重点が置かれている。ドイツの立法者にとって重要なことは、全ての刑事裁判官がドイツ刑法の解釈・適用に際してEU法を考慮し、ヨーロッパ・レベルの法秩序の特殊性を熟知していなければならない」と熱弁をふるわれました。

法学部主催学術講演会関連結果については、こちらをご覧ください。


 

KEN0139

センディ

センディナビ