• Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Google+
2018.06.06()
専修大学管理者用(広報課専用)在学生法学部法科大学院研究TOPICSSNSTOPICSTOPICSTOPICSTOPICS教育・ゼミFacebook

法学部学術講演会
独ミュンヘン大学ザッツガー教授、EUの刑事司法を講義

外部講師による法学部の学術講演会が5月30日、神田キャンパスで開かれた。ドイツ・ミュンヘン大学法学部のヘルムート・ザッツガー教授が「ヨーロッパ統合と欧州連合内の刑事司法への影響」について話した。ザッツガー教授の専門はドイツ刑法、ヨーロッパ刑法など。「刑法総論Ⅱ」(森住信人准教授)の講義を受講する学生のほか、大学院生や法科大学院生ら約150人が受講。通訳は加藤克佳法科大学院教授が務めた。

ザッツガー教授

▲講演するザッツガー教授

通訳加藤教授

▲加藤法科大学院教授が通訳を務めた
欧州連合(EU)は近年、経済面だけでなく司法的統一に向けても動き始めている。そのため、国内法の刑法、刑事訴訟法もEU法を考慮したうえで解釈適用しなければならない状況にある。
新たな試みとして「欧州検察局」の創設に向けた動き、国境を越えた犯人移送に代わる「欧州逮捕状」などが行われており、ザッツガー教授は、さらに実効性のあるものとするための課題などについて論じた。
会場からは「欧州逮捕状」の限界について、EU統一の専門家の教育機関などに関する質問が相次いだ。

センディ

センディナビ