• Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Google+
2017.10.02()
専修大学CALL教室・外国語教育研究室TOPICS

外国語のススメ【第77回】ハワイ語にふれる

法学部教授 榎透(憲法統治機構論担当)

カメハメハ_榎先生

“ekahi, elua, ekolu, 'eha, elima, eono, ehiku, ewalu, eiwa, umi”左に掲げた単語は何を意味するものか、皆さんはご存じだろうか。正解はハワイ語の「1、2、3、4、5、6、7、8、9、10」である。ハワイ語は、アメリカ合衆国ハワイ州における公用語の1つである。ハワイ語といえば、「こんにちは」を意味するAloha、「ありがとう」を意味するMahalo、フラダンスでおなじみのhula、楽器の'ukuleleなどは、日本でもよく知られているが、それ以上はあまり知られていないと思われる。それでも、「富」を意味するwaiwai(ワイワイ)、「白」を意味するke'oke'o(ケオケオ)、州の魚のhumuhumunukunukuapuaa(フムフムヌクヌクアプアア)などを聞くと、意味を知らなくても、南国の楽しい気分に浸れる。

ハワイは、もともとハワイ王国という独立国家であったが、その後は共和制に移行し、1898年にアメリカに併合された。現在のハワイはアメリカ国内であるから、公用語の1つは英語である。日本人観光客が集うワイキキ周辺でも、そこは英語の世界である。その一方で、現在のハワイでハワイ語を使わなければならない機会はまずない。ネイティヴ・ハワイアンは州内でもかなり少ないようであるから、ハワイ語は消滅の危機に瀕している言語といえるかもしれない。公立小学校の中には、ハワイ語の授業を実施している所もある。こうした教育は、ハワイ語はもちろん、ハワイの「伝統」や「文化」、「歴史」を次世代に継承していくためにも、必要な取り組みなのだろう。
もっとも、今でもハワイ語にふれることはできる。ハワイ大学ロー・スクールのあるMānoa(マノア)は「広い」という意味であるし、その近隣の小学校であるNoelani(ノエラニ)やHokulani(ホクラニ)のlani(ラニ)は空を、noeは霧、hokuは星を意味する。また、ハワイ語が日常的に使われていたであろう王国時代の王や王子たちの名──Kamehameha(カメハメハ)や、Kalākaua(カラカウア)、Kuhio(クヒオ)──は、今や通りの名前になっている。ホノルル散策の際には、ハワイの人々に息づくハワイ語の響きを堪能するのも楽しみの1つである。

写真:ホノルル市内にあるカメハメハ大王像
Copyright(C) 2017 Toru Enoki

 
センディ

センディナビ