• Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Google+
2015.12.12()
専修大学経済学部TOPICS

学外特別研修ーインターンシップ発表会

経済学部で開講されている「学外特別研修(インターンシップ)」では,例年12月,受講生たちが研修先での経験や成果などを報告する発表会が開かれています。派遣先機関からのゲストもお招きして,パワーポイントを用いた正式なプレゼンテーションの形式で行われます。
今年度も,12月12日(土曜日),生田キャンパス10号館の10309教室で,23名の受講生による発表会が開かれました。充実した研修内容や受講生の人間的な成長がうかがわれるような,レベルの高い報告が続きました。発表会終了後は,会場を9号館のCABINに移してささやかな懇親会が催され,笑顔の絶えない楽しい雰囲気のなかでこの日の幕を閉じました。
以下では,今年度の受講生のなかから,株式会社イー・コミュニケーションズで研修を行ってきた辻 志津香さんにお願いして,感想を聞かせてもらうことにします。
(経済学部教授 宮嵜 晃臣 2016.1.16記)

インターンシップ発表会を終えて  国際経済学科 2年 辻 志津香

12月に行われた発表会は、私の研修先の企業の方も来て下さったため、発表の際大変緊張しましたが、リハーサルの成果をしっかりと出すことができ自分の自信に繋がる発表をすることができました。
発表時間は1人10分と、長いようで短い時間でしたので、いかに自分の伝えたいことを簡潔に話せるかが難しかったです。しかし、聞き手に伝わりやすくするためにパワーポイントのスライドの作りや、声の抑揚など、様々なことを意識し、その結果自分の満足のいく発表を行えたことは、今後の自信に繋がる貴重な経験となりました。
この「インターンシップ(学外特別研修)」という学部開講科目では、社会人としての経験を通して、働く上で必要な力や、今の自分に必要な力など多くのことを知ることができます。

学外特別研修-インターンシップ発表会(2015年12月12日)

講義は、前期には研修先の企業からゲストをお招きして事前学習を行います。そして夏休みに実際に研修に行き、後期の授業で研修の成果の発表のリハーサルを繰り返します。
私はイー・コミュニケーションズというIT企業で研修をさせていただきました。営業の様子を間近で見ることができたり、プレゼンテーションの仕方を指導していただいたりと普段の生活では決して味わうことができない大変貴重な経験となりました。このインターンの経験で得たこと、気付けたことを大切にこれからの大学生活を送っていきたいです。
センディ

センディナビ