図書館
MENU

学認

専修大学学認システム利用マニュアル

学認アプリケーションを利用するには、まず利用したいデータベースのサイトにアクセスし、ログイン画面から専修大学の認証を選択し、専修大学学認システムの認証を行い、再度データベースへ戻るという手順が必要です。

学術認証フェデレーション(学認)とは

学術認証フェデレーション(学認)とは、大学などの教育・研究機関や企業が利用・提供するさまざまなサービスを、学内のアカウント認証機能を用いて利用することができる認証連携の仕組みのことです。

専修大学の情報科学センター発行のユーザーID・パスワードを用いて、学外から各機関が提供する学認対応サービスを利用できるようになります。学認対応サービスには、「データベースリンク集」にアイコン表示 gakunin_iconがあります。

学認について、詳しくは「学認サイト(外部サイト)」をご覧ください。

専修大学学認システムの利用対象者

学認対応サービスの利用方法

  1. データベースリンク集より、利用したいデータベースにアクセスします。(ここでは CiNii のログイン画面を例にして解説します。)
  2. サイトのログイン画面に所属機関の選択画面が表示されるので、「専修大学」を選択します。201812_GN_010
  3. 専修大学学認システムのログイン画面が開くので、情報科学センターのユーザーID・パスワードを入力し、「Login」をクリックします。201812_GN_020
  4. 連携サービスに送信する情報の確認画面が表示されるので、「同意」を選択します。201812_GN_030
  5. ログインが完了し、サービスが利用可能になります。

学認対応サービスログインマニュアル一覧

利用したいデータベース名をクリックすると、マニュアルが表示されます。
センディ

センディナビ