特設ページ(学内者向け) -自宅で使える電子コンテンツ

2 自宅学習に役立つコンテンツ

2-1 オンラインで読む

下記のコンテンツをご利用になる前に、以下のリンク先をご覧ください。
キャンパス外からデータベース等にアクセスする方法(リモートアクセスサービス)

(1)読書を楽しむ

eBook育友文庫ご利用ガイド
いつでも、どこでも電子ブックを借りて読むことができる電子図書館サービスです。
文芸書、ライトノベル、旅行ガイドなど気軽に読める電子ブックを収録しています。

JKBooks(ジャパンナレッジLib)使い方
文庫・全集・雑誌など、専門的な書籍を読むことができます。
「本棚」より、収録コンテンツを確認できます。(「本棚」の確認方法は こちら

Maruzen eBook Library
丸善が提供する電子書籍(eBook)のプラットフォームです。
書名や著者だけでなく、全文に対して検索が可能です。
気になるキーワードを入力し、読みたい電子ブックを探してみましょう。
※現在利用できるタイトルは、Top画面の検索ボタン右上の"購読契約タイトル一覧"にて確認できます。

手塚治虫マンガ電子図書館
手塚治虫の表現方法と物語構成は、その後生み出されたマンガ作品の多くに影響を与えました。
そんな彼の作品を125タイトル読むことができます。
始めに言語を設定してから、読みたい作品を選んでください。

(2)新聞を読む

聞蔵Ⅱシリーズ(朝日新聞)使い方
「朝日新聞」だけでなく「AERA」、「週刊朝日」などが検索・閲覧できます。
「朝日新聞歴史写真アーカイブ」、「人物データベース(各分野の著名人(約3万5千人)の経歴、業績等を収録)」も利用できます。

ヨミダス歴史館(読売新聞)
「読売新聞」や「The Japan News」、「現代人名録(著名人(国内外)の人物データ、その関連記事を検索できる)」を利用できます。
使い方については、TOP画面右上の「ヘルプ」をご参考ください。

毎索(毎日新聞)かんたんマニュアル
「毎日新聞」や「週刊エコノミスト」の記事データを利用できます。

日経テレコンオンライン操作ガイド
「日経経済新聞」「日経産業新聞」など日経各紙の記事情報の他、全国約3万社の企業情報「日経会社プロフィル」などを確認することができます。

Lexis Advanceクイックリファレンスガイド
英米圏を中心とした各国の法律関連のデータベースです。
英文の新聞、雑誌、通信などの記事、世界の主要企業の概要、財務情報も収録しています。

Nikkei Asian Review
日本を含むアジア経済圏の"今"をアジアの視点で発信する英文ニュースメディアです。
日本経済新聞朝刊・夕刊に掲載された記事の英訳なども利用できます。

(3)雑誌を読む

東洋経済デジタルコンテンツ・ライブラリー活用法
『週刊東洋経済』などの東洋経済新報社の経済・ビジネス・企業情報誌をWEBで検索・閲覧できるデータベースです。
新着からバックナンバーまで幅広く読めます。

日経BP記事検索サービス検索方法
日経BP社が発行する主要雑誌約50誌の記事を検索・閲覧できます。
ビジネスからエンタメまで、幅広い情報を入手することができます。
その他、大学生活に役立つコンテンツもあります。

Westlaw Japan専修大学図書館「ユーザーズマニュアル[法情報検索]」p7-8,12参照
法学部のみなさんがよく使う雑誌の全文を見ることができるデータベースです。
『ジュリスト』(1260号 ~ 最新号)、雑誌『別冊ジュリスト 判例百選』、『法学教室』、『NBL』、『資料版商事法務』、『民商法雑誌』、『六法全書電子復刻版』の全文を収録しています。

(4)語学力UP(多読)

Gale Virtual Reference Library
Gale社が刊行するレファレンス図書を中心とした電子ブックのプラットフォームです。
「Gale eBooks」より、多読図書の閲覧が可能です。
※現在利用できるタイトルは、画面右上の"Title List"にて確認できます。

Maruzen eBook Library
丸善が提供する電子書籍(eBook)のプラットフォームです。
多読におススメな収録コンテンツについては、こちら(PDFファイル)をご参考ください。
※現在利用できるタイトルは、Top画面の検索ボタン右上の"購読契約タイトル一覧"にて確認できます。

手塚治虫マンガ電子図書館
日本語だけでなく、英語、中国語、フランス語、韓国語、タイ語、イタリア語、スペイン語の8ヶ国語に対応しています。手塚治虫のマンガを読みながら、楽しく語学学習ができます。

Nikkei Asian Review
日本を含むアジア経済圏の"今"をアジアの視点で発信する英文ニュースメディアです。
日本経済新聞朝刊・夕刊に掲載された記事の英訳などもあり、ニュースから英語を学ぶことができます。

2-2 オンラインで学ぶ

下記のコンテンツをご利用になる前に、以下のリンク先をご覧ください。
キャンパス外からデータベース等にアクセスする方法(リモートアクセスサービス)

【入門】

(1)事典・辞書を調べる

ジャパンナレッジLib使い方> <使い方ガイド(パンフレット)
様々な事典・辞書が収録されており、横断的に検索が可能なデータベースです。
見出しだけでなく全文検索も可能です。
ことばの意味や定義、概要を知ることができるので、レポートを書く際もまずはジャパンナレッジLibを見てみるのがおすすめです。

(2)新聞記事を探す

オンラインで読む>新聞を読む

(3)雑誌論文・記事を探す

CiNii(サイニィ) Articlesマニュアル
国内の論文を探している時はまずこちらのデータベースで検索してください。
検索結果から本文が閲覧できるものもあります。

【応用】

(1)歴史を調べる

日本の歴史を調べる

ジャパンナレッジLib『国史大辞典』使い方> <使い方ガイド(パンフレット)
吉川弘文館の『国史大辞典』は、日本歴史の全領域をおさめ、さらに考古・民俗・宗教・美術・国語・国文・地理など、隣接分野から必要項目も網羅しています。
ジャパンナレッジLibでは、『国史大辞典』(全15巻)の本項目(約5万4,000)に加えて、中見出し(全階層から精査した約4,000)、図版(約7,000点)でも検索ができます。
また個別検索では、範囲を「執筆者」「参考文献」に限定した検索や、「項目区分」「ジャンル」「図版」での絞り込み検索もできます。

ジャパンナレッジLib『日本歴史地名大系』使い方> <使い方ガイド(パンフレット)
平凡社の『日本歴史地名大系』は日本列島47都道府県と京都市の地名を収めた歴史地名事典です。
個別検索では、都道府県、地図情報、項目種別に絞り込み検索ができます。
また、書籍刊行後の市町村合併、政令指定都市への移行、市制施行などにも対応し、「変更地名」として検索することができます。

(2)判例・法令を調べる

D1-Law.com 第一法規法情報総合データベースオンラインマニュアル
※新型コロナウイルスによるオンライン授業への対応のため、一時的に学外アクセスが可能となっています。(2020年 7月31日まで(予定))
公刊・民刊の判例誌約100誌に公表された全分野の判例及び独自入手判例、日本語の現行法令と改正履歴を検索できます。

LEX/DBインターネット操作説明書
※新型コロナウイルスによるオンライン授業への対応のため、一時的に学外アクセスが可能となっています。(2020年 8月31日まで(予定))
明治8年の大審院判例から今日までに公表された判例全文と関連情報を検索することができます。

Westlaw Japan操作ガイド
判例の全文、要旨、評釈情報、国内の現行法令とその改正前の法令、法令の新旧対照表をキーワードや裁判情報などから検索できます。

e-Gov法令検索クイックガイド
現行施行されている法令(憲法、法律、政令、勅令、府令、省令、規則)を検索できます。

日本法令索引使い方ガイド
明治以降現在までに制定された法令の改廃経過等の情報と、帝国議会及び国会に提出された法案の審議経過等の情報を検索できます。

官報 インターネット版操作方法
平成15年7月15日以降の法律、政令等の官報情報と、平成28年4月1日以降の政府調達の官報情報が、PDFで無料公開されています。
また、直近30日分の官報情報(本紙、号外、政府調達等)は、全て無料で閲覧できます。

判例検索システム(裁判例情報)使い方
最高裁判所判例集、高等裁判所判例集、下級裁判所裁判例速報、行政事件裁判例集、労働事件裁判例集、知的財産裁判例集を検索できます。

Lexis Advanceクイックリファレンスガイド
英米、EUの法令・判例・法律関連の情報を調べたい時はこちら。
その他にも英文の新聞、雑誌、通信などの記事、世界の主要企業の概要、財務情報も収録しています。

(3)企業情報を調べる

日経テレコンオンライン操作ガイド[企業を検索する]
日経テレコンでは、全国主要約3万件社の企業情報を検索できます。
[企業検索]画面で会社名や検索条件などを設定し、選択した媒体から企業情報を検索します。

eol
eolは、国内株式公開企業を中心とした企業情報を総合的にご提供するデータベースです。
約100ページ以上の有価証券報告書を200項目以上に細分化し、必要な情報を抽出できます。
有価証券報告書に加え、決算短信、適時開示等複数の書類を横断して検索できます。
使い方については、TOP画面右上の「ヘルプ」をご参考ください。

東洋経済デジタルコンテンツ・ライブラリー活用法
東洋経済デジタルコンテンツ・ライブラリーは、会社を多面的にリサーチ・分析したい時に便利です。
[会社検索]画面で、会社名の検索窓に入れるワードによっては関連会社や似た名前の会社も検索されます。

日経BP記事検索サービス会社名検索
日経BP記事検索サービスは、会社の登記上の正式名称だけでなく、よく知られた略称や、一般的に流通しているブランド名などでも検索できます。

(4)古典文学を調べる

JKBooks(ジャパンナレッジLib)『新編 日本古典文学全集』使い方> <使い方ガイド(パンフレット)
小学館の『新編 日本古典文学全集』は、記紀・萬葉などの古代文学から、源氏物語などの中古文学、平家物語などの中世文学、そして近松・西鶴などの近世文学まで、日本人としてぜひ読んでおきたい珠玉の名作を集めた、古典文学の全集です。
JKBooks(ジャパンナレッジLib)では、『新編 日本古典文学全集』(全88巻)を書籍そのままの形式で頭注・古典本文・現代語訳を同一画面に配し、同時進行で読み進めることができます。個別検索においては、頭注・古典本文・現代語訳それぞれの検索はもちろん、全文検索も可能です。

日本文学Web図書館 操作の手引き
※新型コロナウイルスによる遠隔型(オンライン等)授業への対応のため、一時的にアクセス数(2→100)を増設しています。(2020年8月31日まで(予定))
日本文学Web図書館には、和歌&俳諧ライブラリーと平安ライブラリーの2つのコンテンツがあります。
和歌&俳諧ライブラリーには「新編国歌大観」「和歌文学大辞典」「歌ことば歌枕大辞典」が収録され、和歌や俳句の横断検索ができます。
平安ライブラリーには「源氏物語」「土佐日記」「紫式部日記」「更級日記」が収録され、語彙・品詞別・全文検索ができます。
*学外から利用するためには、①と②の手続きが必要です。
①ログイン用のIDとパスワードの取得が必要です。こちら から手続きをしてください。
②アプリケーションのダウンロードおよび起動は、こちら から実行してください。