• Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Google+
2019.10.25()
石巻専修大学ISU ONLINE教育人間学部TOPICS保育士・教員養成センター学生生活TOPICSTOPICS教育・ゼミTOPICSTOPICS

保育士目指してボランティア活動!

~「福祉システム愛好会」の取り組み~

 人間教育学科2年次の中野世羅さんは、現在保育士を目指して学習に取り組みながら、「福祉システム愛好会」の活動として、毎週末1~2回、石巻市子どもセンター『らいつ』でのボランティア活動にも参加しています。

【人間教育学科】ボランティア活動_01

▲夏祭りイベントを楽しむ子どもたちをサポートする中野さん(左)
 中野さんが代表を務める「福祉システム愛好会」は30名以上が在籍し、「地域活性化」、「地域貢献」や「子育て支援」をはじめとする様々なボランティア活動に取り組んでいます。
 中野さんがボランティアに励む石巻市子どもセンター『らいつ』では、子どもが遊ぶことを通して育つこと、地域や社会で子どもが力を発揮できる機会をつくることを目的に、様々な子育て支援事業を展開。
 その中で、中野さんは子育て支援事業の補助、事務作業の補助、施設内で遊ぶ子どもの安全を見守る等のボランティアを行っています。
 保育士を目指す中野さんにとって『らいつ』は、人間教育学科での学びの他に、実践的な知識・技術の習得に励む貴重な学びの場となっています。

【ボランティア活動に取り組む学生のコメント】

■中野世羅さん(人間学部人間教育学科2年次・宮城県聖和学園高校出身)
『らいつ』での活動では、0歳児~高校生まで、幅広い年齢の子どもたちと関わります。
保育士を目指す私にとって、乳幼児や子どもと接する機会が多いことは、非常に大切な実践経験の場になっています。
また、子どもたちの保護者ともコミュニケーションを取ることで、保護者の方々が考えていることにも、気を遣えるようになってきた点は成長を実感できる部分です。
大学入学時から「大学生活でしかできない経験」を大切にしてきたので、これからも人間教育学科での学びはもちろん、このようなボランティア活動等、保育士になるために必要な経験はどんどん体験していきたいです!

【人間教育学科】ボランティア活動_02

▲時には卓球部の生徒の練習相手を務めることも!

【人間教育学科】ボランティア活動_03

▲イベント「先輩マルシェ」では、高校生に対して大学のことを説明!(中野さん:右)