• Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Google+
2019.08.05()
石巻専修大学ISU ONLINE学生生活TOPICSTOPICS学生生活・サークル活動

【学生生活】祭り盛り上げ、地域貢献!!Part 1

~第96回川開き祭りに590名が参加!~

 7月31日(水)、8月1日(木)の両日、石巻市の中心市街地と旧北上川河口部を会場として、第96回石巻川開き祭りが行われました。
 本学ではこの2日間を地域貢献日と定め、今年度は学生及び教職員延べ590人が参加。各行事を通じて地域との関わりを深めながら、令和初となる石巻最大のイベントを盛り上げました!
 今回のPart 1では、7月31日(水)に開催された「孫兵衛船競漕」、「縄張神社奉納大縄引き大会」「流燈」の各行事に参加した学生のコメントを紹介します!

【「孫兵衛船競漕」参加者のコメント】

■木村 凌真さん(経営学部経営学科2年次 宮城県石巻商業高校出身)
昨年も孫兵衛船競漕に参加したので、今年も昨年参加したメンバーで参加したいと思い、昨年とほとんど同じメンバーで参加しました。
個人としては、昨年より上手く漕ぐことができましたし、このメンバーで参加できたことが嬉しかったです。
来年も今回のメンバーで参加して、次こそは予選を突破したいです!

■千葉 兼汰さん(経営学部経営学科2年次・宮城県石巻商業高校出身)
カヌー部に所属しているので、普段は1人や2人で船を漕ぐことが多いですが、孫兵衛船は10人で息を合わせなければいけないので、漕ぐのがとても難しいです。
本番まで練習を重ね、手応えもありましたが、本番では波の影響もあり練習通りにいかない部分がありました。
それでも、全員の息が合って昨年よりスピードを出すことができました。
来年こそは予選突破できるように頑張りたいです!

川開き祭り(孫兵衛船競漕)_01

▲スタート前、笑顔でピース!

川開き祭り(孫兵衛船競漕)_02

▲学生全員が力を合わせてオールを漕ぎました!

【「縄張神社奉納大縄引き大会」参加者のコメント】

■菅野 雅也さん(経営学部経営学科1年次・宮城県仙台育英学園高校出身)
1戦、2戦目は、それほどきつくなかったのですが、3戦目は、腕を引っ張られて下半身で耐えるのが苦しくなり、引きずられてしまいました。
昨年先輩方が優勝したと聞き、2連覇を目標に2週間くらい前から毎日練習を重ねてきました。負けてしまいとても悔しいです。
来年は、この悔しさを忘れず、もっと下半身を鍛えてリベンジしたいと思います。
高校の体育祭で綱引きをしたことはありましたが、今回、初めて本格的なものに参加することができて、いろいろな面で良い経験ができたと思います。

■阿蘇 航新さん(経営学部経営学科1年次・福島県福島商業高校出身)
ライバルは「日本製紙石巻テクノ」と意識しながら練習してきたので、そのチームに負けてしまい残念です。
今回は、縄を引くほうではなく、声がけを担当しました。
みんなを盛り上げようと必死に声を出したのですが、あと少し足りませんでした。
チームワークが悪かったわけではないのですが、来年は、今年以上に一丸となって頑張れるようレベルアップしたいと思っています。
応援ありがとうございました。

川開き祭り(大綱引き)_01

▲2連覇を目指しましたが、結果は惜しくも準決勝敗退
それでも、学生たちは力を合わせて全力で綱を引きました!

川開き祭り(大綱引き)_02

▲勝利を決めてガッツポーズ!

【「流燈」参加者のコメント】

■村田 実優さん(理工学部生物科学科1年次・群馬県西邑楽高校出身)
事務の窓口に掲示されたポスターを見て、「流燈」に参加してみようと思いました。
3500個もの燈籠を作るのは大変な作業だと思っていましたが、様々な団体のボランティアスタッフと連携して効率よく作業することができました。
とても貴重な経験をすることができたので、来年も何かしらの行事に参加して地域を盛り上げたいと思います。

■鈴木 ほのかさん(理工学部生物科学科1年次・福島県会津高校出身)
作業をする際、スタッフの方からの説明で「燈籠は丁寧に扱ってください」と言われました。
実際に、燈籠を制作している時に、東日本大震災で犠牲になった方へのメッセージなどが書かれていることに気づき、とても重みを感じました。
想像していた以上に大きなお祭りでした!来年度は「流燈」とは別の行事に参加してみたいと思います!

■菊池 哲さん(経営学部経営学科1年次・岩手県盛岡誠桜高校出身)
多くの燈籠を作るということで、最初は「作業」のように感じていました。
ですが、制作した燈籠を川に流すため一列になって手渡しでリレーしている時に、燈籠に書かれた被災者遺族の方が記したメッセージを見て、この行事が持つ意味の大きさを感じました。
川開き祭りは様々な催しが行われており、楽しく参加することができたので、来年度も楽しく参加したいです!

川開き祭り(流燈)_01

▲ひとつひとつ丁寧に燈籠を作りました

川開き祭り(流燈)_04

▲鎮魂の想いが込められた燈籠は、優しく色鮮やかな光を灯しました