• Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Google+
2019.08.01()
ISU ONLINE石巻専修大学TOPICS高大産連携プロジェクト経営学部高大産連携プロジェクトTOPICS教育・ゼミTOPICS

【経営学科】庄子ゼミ 石巻の滞在型観光について提案(中間報告)

 7月26日(金)、4104教室で庄子真岐ゼミの学生が「滞在型観光に向けた地域資源調査と提案」の中間報告を行いました。

庄子ゼミ①

▲中間報告の様子
 庄子ゼミでは、昨年、石巻市役所観光課の方から「石巻市は『通過型』の観光客が多い。観光で地域経済の活性化を図るためには、少しでも長く滞在してもらえるような『滞在型』観光に向けた取り組みが必要。」という現状を聞きました。

 そして今年度、庄子ゼミでは、この課題解決に向けて、石巻地域でまだあまり知られていない文化や食、自然などに着目し、地域資源を活用した滞在型観光の提案に取り組んでいます。
 当日は、地域資源調査班の学生たちが石巻市観光課や観光ボランティア協会の方々を前に、これまで行ってきた文献調査の結果報告と提案をプレゼンしました。

※発表したチームと内容は次の通りです。
 ・蜂谷チーム「石ノ森漫画館を活用」
 ・後藤チーム「石巻でサーフィン」
 ・阿部チーム「石巻の『食』」

 発表後にはフリートークが行われ、市の観光課や観光ボランティア協会の方々から貴重なお話をうかがい、学生たちは石巻の現状や観光が抱えている課題などについてさらに理解を深めました。
 今後は、フィールド調査などを行い、最終報告に向けて提案内容を深めていく予定です。

庄子ゼミ③

▲石巻市の現状を語る観光ボランティアの協会の方

庄子ゼミ②

▲石巻市観光課の方にも出席していただきました
【発表した学生のコメント】

蜂谷 理人さん(人間学部人間文化学科3年次・宮城県黒川高校出身)
「石ノ森漫画館を活用」した観光を提案しました。中でも「仮面ライダー」は、今でも全国の子どもたちに大変人気なので、その知名度を活かしたPR方法を考えました。
調査は主にインターネットを利用して、仮面ライダーを取り入れているお店や仮面ライダーのロケ地の観光について調べましたが、参考になるものが少なかったので、この提案の実現には時間がかかりそうだと感じています。
人間文化学科の学生なので、これまで石巻の観光について調べる機会が少なかったのですが、今回の調査で魅力的な地域資源がたくさんあることが分かりました。
観光ボランティア協会の方のお話も大変参考になりました。
今後は、石ノ森漫画をもう一度よく調べて、仮面ライダーの魅力を深く探り、石巻の施設を活かして石巻地域全体が盛り上がるような提案ができるよう、フィールド調査などにも力をいれたいと考えています。



小関 玲哉さん (経営学部経営学科2年次・山形県長井工業高校出身)
後藤チームのメンバー3人で、インターネットや石巻市の観光パンフレットなどを調べ「石巻でサーフィン」を提案しました。
自然の中で夏の石巻を思いっきり満喫してほしいと考え、アクティブに楽しめるプログラムを考えました。
私は山形県出身なので、今回の調査で初めて石巻の地域資源について知り、調べてみればみるほど新たな発見があり、行って見たいところが多くなりました。
今後行うフィールド調査で、現地の方の生の声を聞き、新たな情報収集を行った上で、最終報告をしたいと考えています。
また、観光課の方から広報面に課題があることをうかがいました。多くの方に石巻の魅力を知ってもらえるようにSNSなどを利用してPRしたいと思います。
サーフィンもやったことがないので、これを機にチャレンジしたいです。