• Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Google+
2019.06.28()
石巻専修大学ISU ONLINE経営学部TOPICSTOPICS教育・ゼミ

【経営学科】「国内留学」近況報告Part5

 本学経営学部3年次の学生が神奈川県川崎市の専修大学生田キャンパスで半年間学ぶ「国内留学」。
 大学ホームページでは、専修大学生と一緒に新たな環境で学生生活を送る参加者の近況を毎月リレー形式で紹介します!
 第5回目となる今回。広報担当者が森谷 大輝さん(経営学部経営学科3年次・山形県村山産業高校出身)にインタビューしました!

森谷大輝さん_05

▲江ノ島電鉄株式会社の課題解決に挑戦中!
(森谷さんは発表者の右側)

専修大学では、間嶋 崇教授のゼミナールに所属されていますが、現在、どんなことに取り組んでいますか?テーマや内容を教えてください。

私が所属する間嶋 崇教授のゼミナールでは、『hatch組織論』という参考書等の輪読を行い、組織が企業や社会、人間に与える影響を事例や理論を交えながら発表し、ゼミ生で議論をしています。
また、私を含めた3年次生は、企業からの課題解決に取り組む「神奈川産学チャレンジプログラム」に参加し、江ノ島電鉄株式会社の課題解決に取り組んでいます。

国内留学がスタートして約3ヶ月が経過しようとしています。ここまでの期間を振り返り、成長を実感した出来事や成長を感じる部分を教えてください。

1番成長したと感じる部分は『目標を持つことが出来た』ところです。
国内留学に行くと決めたのも1つの目標でしたし、自分の進路についても留学に参加したことで固まりつつあります。
また、ゼミでの活動を通して、以前より自分からコミュニケーションを取るようになり、アクションを起こす事が多くなった点も成長を感じる部分です。

国内留学が残り約1ヶ月となりました。やり残しが無いよう、これからさらに力を入れて取り組みたいことを教えてください。

学業の面では、受講する授業期間が残り少なくなってきているので、今まで以上に集中して取り組みたいと思っています。ゼミの時間も含め、自分が今まで触れることのなかった新鮮な知識をどんどん吸収していきたいです。
生活の面では、今まで以上に間嶋先生やゼミ生たちと関わっていきたいです。
ゼミの時間だけでなく、遊びに行ったり、ゼミ終わりに飲みに行く機会もあるので、これからもそのような関わりを大切にしていきたいと思っています!
夏のゼミ合宿も楽しみの1つです。先生も先輩方も本当に良い方々で、自分は恵まれていると日々感じています!

国内留学について、来年度以降、国内留学に参加してみたいと感じている後輩たちに伝えたいことはありますか?

私の場合は、1年次の頃から国内留学に参加することを決めていました。
国内留学は、自分が知らなかった事を学べる良い機会だと思ったからです。
留学当初は、慣れない環境で不安な面もありましたが、生活していく中で同じ留学生の人とも仲良くなり、新しい関係を築くことができました。
また、間嶋ゼミの活動では毎回新しい発見が多くとても充実しています。国内留学で築けたゼミ生たちとの関係性は、この前期だけで終わるものではなく、これからも活きてくると思います。

森谷大輝さん_01

▲ゼミ生全員でフットサル!

森谷大輝さん_04

▲食事で親交を深めてます!
(森谷さんは左から2人目)

森谷大輝さん_02

森谷大輝さん_03

▲「神奈川産学チャレンジプログラム」に取り組むメンバー
いつも一緒の仲良しグループ!

☆次回、7月の近況報告では、荒谷 朋匡さん、高橋 彩夏さんの近況を報告します!楽しみにお待ちください!

【関連記事】