• Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Google+
2019.05.28()
ISU ONLINE石巻専修大学TOPICS人間学部保育士・教員養成センター教育・ゼミTOPICSTOPICS

【人間教育学科】実際の保育現場を体験!

~見て、体験して、学ぶ!~

 5月27日(月)、人間学部人間教育学科の1年次が「保育・教育研究」の授業で、2グループに分かれ、石巻市内にある保育園、幼稚園を訪問。
 保育現場で必要な知識・技術を自分たちの目で見て、実際に体験し、学習することができました!

【人間教育学科】「保育・教育実習」_04

▲子どもたちと交流を通して、実際の保育現場で必要な知識・技術を学ぶ学生たち
 本授業では、石巻圏域の保育園、幼稚園、こども園の他、小学校や支援学校など様々な教育現場を入学したばかりの1年次生が訪問し、それぞれの教育現場で必要な知識や技術を自分たちの目で見て、体験しながら学習します。
 今回の講義ではAグループが「はなぶさ幼稚園」を訪問。園庭で全園児と「たけのこ体操」を踊った後、各クラスに分かれて園児と合唱や運動を通して、子どもたちと触れ合いました。
 Bグループでは、「矢本東保育所」を訪問。園児への絵本の読み聞かせを体験するなど、それぞれの学生が積極的に園児と関わりながら、保育現場の現状や課題について理解を深めました。

【参加した学生のコメント】

(Aグループ:はなぶさ幼稚園訪問)
■熊谷 美月さん(人間学部人間教育学科1年次・宮城県石巻西高校出身)
はなぶさ幼稚園では、各クラス2名の先生が担当し園児の対応を行っていました。私は園児一人ひとりの対応にとても苦労しましたが、先生方は視野も広く、園児への対応を実際に見て、すごいなと感じました。
様々な教育現場に行くことができているので、上級生になった時の保育実習でも、実習のイメージが掴めそうです。
保育士・幼稚園教諭の免許取得を目標に、これからの大学生活も頑張っていきたいです!

■杉山 諒さん(人間学部人間教育学科1年次・鹿児島県屋久島おおぞら高校出身)
本実習では、普段の講義だけでは学ぶことができない教育現場の現状について学習することができるので、とても有意義な授業です。
様々な教育現場を実際に見ることで、それぞれの年齢で先生方の対応が異なることを感じることができました。
今回訪問した「はなぶさ幼稚園」では、年長クラスを担当しました。来年には小学校に行く園児に対して、周りと協力し合い活動できるよう指導していた先生方の姿が印象的でした。

(Bグループ:矢本東保育所訪問)
■鈴木 知輝さん(人間学部人間教育学科1年次・青森県青森西高校出身)
今回訪問した矢本東保育園では、外で汗をかきながら遊ぶ園児がいました。外の気温から熱中症の危険も考慮する必要があり、視野を広くし、園児の様子を見ることの重要性を感じました。
私は小学校の教員を目指して、人間教育学科への進学を希望し、現在、とても楽しく学ぶことができています!
これから大変なことも出てくると思いますが、今の「楽しい!」という気持ちを原動力に努力し、卒業後には生徒に様々な選択肢を提示してあげることができる小学校教員になりたいです。

■阿部 未侑さん(人間学部人間教育学科1年次・宮城県石巻商業高校出身)
保育士と幼稚園教諭の免許を取得し、卒業後は認定こども園へ就職したいと考えています。
今回訪問した矢本東保育所では、子どもたちが元気いっぱいで、子どもたちから声をかけてくれたので、楽しく学ぶことができました!
また、ブロックを持って走り回る園児に対して、先生が『子どもに考えさせる注意の仕方』をしていたので、とても勉強になりました。
保育士は命を預かる責任ある職業なので、これからの学生生活でしっかりと知識・技術を身につけたいです。

【Aグループ:はなぶさ幼稚園での学びの様子】

【人間教育学科】「保育・教育実習」_01

【人間教育学科】「保育・教育実習」_02

【人間教育学科】「保育・教育実習」_03

【Bグループ:矢本東保育所での学びの様子】

【人間教育学科】「保育・教育実習」_05

【人間教育学科】「保育・教育実習」_06

【人間教育学科】「保育・教育実習」_07