• Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Google+
2019.04.26()
ISU ONLINE石巻専修大学TOPICS国際交流センター教育国際交流TOPICSTOPICS

【国際交流】多様な国の文化を学習!

 本学では、日本人学生と外国人留学生との相互コミュニケーション・異文化体験の機会を設け、国際交流を充実させる「国際体験研修(異文化体験型)」という授業を展開しています。
 3回目の授業となる今回の授業では、履修者それぞれが事前にスライドを作成。プレゼンテーション形式で、自己紹介と出身地の紹介などを行いました。

【国際交流】「国際体験研修(異文化体験型)_01

▲発表を行う留学生
 発表は、外国人留学生も日本語で実施。ユーモアたっぷりの発表を行う学生もおり、日本人学生、外国人留学生、全員が楽しみながら、それぞれの出身地の文化を学びました。
 本授業は理工学部、経営学部、人間学部それぞれの専任教員4名が担当。
 今後、グループディスカッションやプレゼンテーションに取り組みながら、多様な国の文化やサブカルチャー、自然や生物を学ぶ他、外部講師による講義も予定。学生たちは様々な学びを通して異文化への理解を深めていきます。

【受講した学生の声】

■張 啓媛さん(経営学部経営学科1年次・外国人留学生)
コミュニケーション能力、日本語の能力を伸ばすことができるカリキュラムに魅力を感じ、石巻専修大学へ進学を決めました。
簿記や統計学の授業など、難しいと感じる授業もありますが、先生方はとても優しく説明してくれます。
単位をしっかり修得できるか不安な部分もありますが、授業をしっかりと受講し、日本語能力を高めていきたいと思います。そして、卒業後には日本で通訳として活躍できるようになりたいです!

■ライ テイ フエさん(経営学部経営学科1年次・外国人留学生)
日本語学校との学びの違いに戸惑う部分もありましたが、授業はとても楽しく受講することができています。
入学前から石巻専修大学は先生方がとても熱心なイメージがあり、日本語はもちろん、経営学など様々な専門知識を身に付けたいと感じ、入学を希望しました。
4年間での授業や学生生活での様々な経験を通じて、コミュニケーション能力を向上させ、卒業後には飲食関係の職業に就きたいです。

■佐藤 大琉さん(人間学部人間文化学科1年次・宮城県岩ケ崎高校出身)
松島で行われた新入生オリエンテーションの時に留学生と話したことがきっかけで、授業を通じてもっと留学生と関わってみたいと思い履修を希望しました。
卒業後には、警察官になりたいという目標もあります。
石巻専修大学での4年間で多様な言語や文化を学び、グローバルな視野を身につけたいと考えているので、この授業を通じて、様々な国の文化の違いを理解していきたいです。

■今野 友貴さん(人間学部人間文化学科1年次・茨城県第一学院(高萩校))
この授業のことは、上記の佐藤さんに教えてもらい講義要項(シラバス)を確認したら、おもしろそうだったので受講しました。
3学部それぞれの先生が担当しており、自分が所属する人間学部以外の学びも体験できることに魅力を感じています。また、グループディスカッションやプレゼンテーションを通じて、コミュニケーション能力を培っていきたいです!

【国際交流】「国際体験研修(異文化体験型)_02

▲全員が楽しみながら、それぞれの出身地の文化を学習!

【国際交流】「国際体験研修(異文化体験型)_03

▲担当教員の水野 純教授の説明を真剣に聞く学生たち