• Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Google+
2019.04.17()
ISU ONLINE石巻専修大学TOPICS人間学部保育士・教員養成センター教育・ゼミTOPICSTOPICS

【保育士・教員養成センター】「教員採用試験」合格へ!

~教員採用試験合格に向けた手厚いサポートを紹介!~

 本学では「保育士・教員養成センター」を設け、保育士・教員の免許を取得する全学部の学生に対して、教員免許状の取得から教員採用試験に合格するまで様々なサポートを展開しています。
 教員採用試験合格までのサポートとして、非常に特徴的な取り組みが「教員採用試験対策講座」です。今回、元小学校の校長先生として、教育現場の最前線で活躍した先生方が、学生たちを指導・サポートする特別プログラムの現場を広報担当者が取材しました!

【人間教育学科】教員採用試験対策講座_01

▲学生に熱心に指導を行う有見 正敏 特任教授
 本学2号館2階2206教室で、学年ごとに行われる特別プログラム。
 3年次では、自主学習のコマを3コマ設定し、2年次までに学習した「教育法規」・「教育原理」・「教育方法」・「教育心理」などの復習の他、教職対策として文部科学省から出される告示通知、中央教育審議会答申などの教育時事も組み入れ、実際の教育現場での運用方法も交えながら学んでいます。
 また、小論文対策にも力を入れて繰り返し学習。音楽や体育など実技として課される内容は、学生の能力に合わせて、専門の先生が中心となり、教育実習に向かう3年次後期までに一定程度のスキルアップを目指します。
4年次の教員採用試験直前の4ヶ月間は、それまでの学習を振り返り、各教科の義務教育修了程度の問題や「教育法規」などの過去問題で正答率8割を目指しています。
 また、小論文などの添削を含め、3年次までの学習を整理して臨みます。一次試験終了後には「論文対策」、「面接対策」、「模擬授業」に重点的に力を入れ二次試験に備えます。
 これまでも数多くの卒業生が本プログラムを経験し、先生方の「きめ細かな指導」と「確かな指導プラン」で確実に成長。現在は、様々な教育機関で活躍しています!

【教員採用試験対策講座に参加した学生のコメント】

◆赤間翔吾さん(人間学部人間教育学科3年次・宮城県仙台育英学園高校出身)
小学校6年生の時、バラバラだったクラスをまとめてくれた担任の先生の姿を見て、自分も人の心を動かすような仕事をしたいと感じ小学校教員になりたいと思うようになりました。
大学に入学してからは、小学校教員を経験された人間教育学科の先生方の話を聞くたび、なりたいという気持ちが強くなっています。
教員採用試験対策講座には2年次の後期から本格的に参加しています。
講座では、2年次で学習した法令や難しくて解けなかった算数の問題などを、先生が詳しく丁寧に解説してくれるので、効率良く復習ができます。
教科の勉強が苦手なので、これから毎回欠かさず講座に出席し、まずは教員採用試験の一次試験に合格できるようしっかり勉強したいと思います。

◆今野優作さん(人間学部人間教育学科3年次・宮城県佐沼高校出身)
私が小学校教員になりたいと思ったきっかけは読書です。
中学、高校時代にノンフィクションの新書を何冊も読み、日本は差別や犯罪が多い国だと感じました。
その差別や犯罪をなくすためには、人格を形成する上で重要となる小学校の時期に正しい考え方や正しい方向を教えて、心を育てることが大事だと考え、自分もそれに関わる仕事がしたいと思いました。
教員採用試験対策講座に参加したのは今回が初めて。少人数で質問がしやすい雰囲気で楽しかったです。
一度習ったことを振り返ることができたので、より理解が深まりました。
人と気軽に話すのが得意ではないので面接試験対策にも力を入れ、教員採用試験合格を目指してこれから本腰を入れて勉強を頑張ります。

【教員養成に力を入れる有見 正敏 特任教授のコメント】

主に行っている採用試験対策の内容は、「教職教養」、「専門教養」、「面接」、「論文の書き方」です。実際の指導は、授業の空き時間や長期休暇中に開催する宿泊研修で行っています。
教職教養は「教育原理」、「教育法規」、「教育心理」、「教育史」の4領域。特に多くの学生が苦手意識を持っている「教育法規」は現実的な問題や現象と結び付けて理解できるように指導しています。
専門教養は、教科、領域(総合的な学習の時間、特別活動、道徳など)の内容で、教科は中等教育のレベルが要求されますが、忘れていたり、苦手だったりする教科が一人ひとり異なるため、早い時期から自分の目標を決めさせ取り組むことを大切にしています。
これまで、様々な学生を指導してきて、採用試験に合格した学生に共通していたことは、『講座に休まず参加していたこと』、『計画を立て実行していたこと』、『学習で使った資料の整理が適切だったこと』です。これからも、教育現場で活躍する卒業生をより多く輩出することができるよう、学生をサポートしていきたいと思っています。

【人間教育学科】教員採用試験対策講座_02

▲真剣な中にも、笑顔で質問できる和やかな雰囲気がありました!

【人間教育学科】教員採用試験対策講座_03

▲躓いた時には、その場で先生が理解できるようサポート

【関連リンク】