• Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Google+
2019.04.15()
ISU ONLINE石巻専修大学TOPICS理工学部教育・ゼミTOPICS

【機械工学科】新たな工作機械「マシニングセンタシステム」導入!

~学生の『つくりたい!』を叶える設備がさらに充実!~

 工作・試験センターに新たな工作機械「マシニングセンタシステム」が導入されました。
 この度、機械工学科の高橋 智 准教授を広報担当者がインタビュー!
 新たに導入された「マシニングセンタシステム」について、以下の3つのことを語っていただきました!

①「マシニングセンタシステム」とはどんな工作機械なの?
②「マシニングセンタシステム」を活用した場合の製作工程を教えて!
③「マシニングセンタシステム」を導入したことによるメリットとは?
 

【機械工学科】「マシニングセンタ」_01

▲「マシニングセンタシステム」の使用方法を学生に指導する高橋准教授(右)

【高橋 智 准教授の解説】

~①「マシニングセンタシステム」とはどんな工作機械なの?~

 この度導入された「マシニングセンタシステム」とは、コンピュータ制御によって、金属などの複雑な切削加工を自動的に行うことができる工作機械です。また、複数の刃物を自動で交換できる機能を持っていることから、多種類の加工を1台で行えます。
 「マシニングセンタシステム」は、コンピュータで設計した3次元モデルを、人手をかけずに短時間で製作できるため、金型や自動車部品の製造など、ものづくりの現場で広く用いられています。
 大学のうちからコンピュータ援用による設計や最新の工作機械に触れることで、「ものづくりの今」を感じながら学ぶことができます。

~②「マシニングセンタシステム」を活用した場合の製作工程を教えて!~

 「マシニングセンタシステム」を活用した場合の製作工程を写真やイラストを用いて解説します!

【機械工学科】「マシニングセンタ」_03

① コンピュータによる3Dモデルの設計

【機械工学科】「マシニングセンタ」_04

【機械工学科】「マシニングセンタ」_05

② 3Dモデルを基にした加工データ
このデータを「マシニングセンタシステム」へ送信すると...

【機械工学科】「マシニングセンタ」_02

③ 「自動で」マシニングセンタシステムが切削加工

【機械工学科】「マシニングセンタ」_06

④学生自らがイメージして設計した「もの」が完成!!

~③「マシニングセンタシステム」を導入したことによるメリットとは?~

 「マシニングセンタシステム」導入のメリットは主に2つあります。
 1つは、コンピュータ制御による機械加工を理解し、装置を扱える人材育成ができることです。製造業において「マシニングセンタシステム」の需要は高まっていますが、実際に扱える技術者は不足している現状があります。大学からこれらの機械操作を経験しておくことや、コンピュータ援用によるものづくりを習得しておくことは、就職活動でのアピールポイントになり、自身の強みになります。
 もう1つは、学生が自由にものづくりできる環境が整うことです。「マシニングセンタシステム」は、複雑な立体形状の加工を高精度で行えることから、コンピュータシミュレーションの結果や学生の柔軟なアイデアを基にしたオリジナルな機械部品を作り出すことが可能です。さらに、短時間で効率的に加工を行えることから、もし失敗しても、何度でも設計を直し、トライ&エラーを重ねながら完成を目指すことができます。このトライ&エラーも学生の成長につながり、貴重な経験となって、ものづくりの面白さが学べます。
 早速、3年次の「CAM工学」といった機械工学科の講義の他、4年次の卒業研究で実験や製作に活用していく予定です。