• Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Google+
2019.02.08()
ISU ONLINE石巻専修大学TOPICS理工学部教育・ゼミTOPICS

【機械工学科】4年次生が卒業研究を発表!

 2月6日(水)、理工学部機械工学科機械システムコースおよびエネルギー輸送システムコース4年次生による卒業研究発表会が開催されました。
 学生たちは、機械工学科の先生方の研究室に所属してから、これまで取り組んできた実験や調査・研究の成果を資料にまとめ、発表しました。

【機械工学科】卒業研究発表会_01

▲研究内容を発表する学生
 「3Dプリンタを活用した研究」や「自律移動するロボットの開発」の他、現在、社会問題となっていることを切り口にした研究に取り組む学生など、それぞれが選択した研究テーマは多岐に亘りました。
 学生たちは緊張しながらも、それぞれが取り組んできた研究を堂々と発表。
 発表後には、先生方から様々な質疑を受け、さらに学びを深めた学生たちに成長の様子を見ることができました。

【発表した学生のコメント】

■羽澤 勇樹さん(理工学部機械工学科4年次・秋田県大館鳳鳴高校出身)
○指導教員 :水野 純 教授
○研究テーマ:Arduino制御による360°追跡機能を有するドライブレコーダーに関する研究
近年、「煽り運転」が社会問題化してきたこともあり、ドライブレコーダーを設置するドライバーが増えています。しかし、ドライブレコーダーには死角があり、360°映し出すことはできません。
そこで、3年次の後期に授業で学び、興味を持った『Arduino制御』を用いて、1つのカメラが360°可動するシステムによって、「煽り運転」の車を常時追跡することができる研究を進めてきました。
研究をスタートした時は、そもそものプログラムを理解するところからのスタートで、プログラムした後も、装置が思った通りに動かず苦労しました。
ただ、最終的に製作した装置が、自分の思った通りに動くようになった時には、達成感を感じ、研究室での学びを通じて自分自身の成長を感じることができました。
卒業して社会に出てからも、今まで関わってきた「人の輪」を大切にし、さらにその「人の輪」を広げていける人間に成長していきたいと思っています。

■阿部 敬樹さん(理工学部機械工学科4年次・宮城県石巻商業高校出身)
○指導教員 :泉 正明 教授
○研究テーマ:太陽熱駆動熱機関の設計および製作
「化石燃料の枯渇」、「環境汚染」などの観点から、自然エネルギーの利用促進は、全世界で喫緊の課題となっています。
その自然エネルギーの中でも、太陽光は風力などと比べ場所を選ばないことから、『太陽熱のエネルギーを力学的エネルギーに変える装置』の開発を目指し、3年次の「熱力学」で学修した「スターリングエンジン」の設計・製作を行いました。
研究を始めた当初は、理論や計算がメインで、製作物が完成するイメージが湧かず苦労しましたが、実物が完成し、想像以上に上手く可動してくれた時はとても嬉しかったです。
研究を通じて「熱力学」に関しての理解が深まったことは、自分自身の大きな成長だと思っています。
卒業後は、機械工学科の学びを活かせる「株式会社VSN」への就職が決まっています。社会に出てからは、これまで以上に「多くの人との関わり」を大切にできる人間になりたいと思います。

【機械工学科】卒業研究発表会_02

▲これまで研究してきたことを堂々と発表しました!

【機械工学科】卒業研究発表会_03

▲製作したロボットの動きを披露する学生