• Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Google+
2019.01.01()
ISU ONLINETOPICSその他

2019年 年頭所感-日髙理事長

学校法人専修大学理事長 日髙 義博
新年を迎え、慶賀申し上げます。「平成」最後の年となりましたが、専修大学創立140周年記念事業・石巻専修大学創立30周年記念事業の遂行もいよいよ大詰めの年を迎えました。策定されている記念事業等を完遂すべく全力を尽くす所存です。私学を取り巻く環境には厳しいものがありますが、本学が飛躍するための基盤を確たるものにする上で重要な時期でありますので、ご支援・ご協力いただきますよう、よろしくお願いいたします。

神田キャンパスの靖国通り新校舎および黒門前新校舎の建設は、急ピッチで進められています。それと平行して、神田1号館の研究室増設等工事も進行します。2020年4月には商学部の神田移転、国際系新学部構想の具現化などが予定されていますので、工期通りに完了しなければなりません。キャンパスを逐次整備し、大学改革を推し進め、本学の特色を打ち出していくことは、大学力の向上にとって重要なことであります。

20181103日高理事長

スポーツの勝敗には、一喜一憂しますが、カレッジスポーツは、辛抱強く育成し、支援し続けることが重要だと思っています。箱根駅伝には、残念ながら出場できませんでした。専修大学の襷をかけて箱根路を走る選手を見ることができないことは、戦前から出場してきた本学としては、何とも寂しい限りです。予選会を突破し、来春の箱根路を走ることができるよう、多方面からの支援をしなければなりません。野球部の1部復帰はかないませんでした。今年は、神宮球場に返り咲いてくれるものと期待しています。大学野球は、やはり神宮球場です。神宮の試合で共に校歌を歌いますと、専修人としての一体感を感じますし、母校愛を抱きます。石巻専修大学では、女子競走部が、年々力を付けてきており、硬式野球部の活躍も顕著です。一層の奮闘を期待します。

各種国家試験については、成果が出てきています。公認会計士試験には、21人が合格(2018年12月現在)し、現役合格は12人です。2年次生で合格した者がいたことは、快挙でした。司法試験では5人が合格し、法科大学院を修了した年に合格した者もいます。新司法試験になってからの合格者総数は160人に達しましたが、昨年は、色々な面で苦戦を強いられました。今後は合格者数が増えていくことと思います。法学教育・法曹教育を明治期にいち早く開始した本学としては、厳しい状況にあっても、法学部と法科大学院の相互連携により法学教育・法曹教育の進展を図る責務を負っていると考えています。
経営学部ビジネスデザイン学科および文学部ジャーナリズム学科は初めての入試となります。専修大学の目標は志願者5万人、石巻専修大学の目標は入学定員充足(昨年の定員充足率は80%)です。志願者数は、本学の心臓の鼓動であり、大学評価のバロメーターであることを肝に銘じ、教学と法人が一体となって大学改革に邁進したく存じます。