• Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Google+
2018.11.16()
石巻専修大学国際交流センター教育TOPICSTOPICSINFORMATION

帰国報告会[ランドルフ・メーコン大学との交流]

 今年1月にランドルフ・メーコン大学と本学は国際交流協定を締結し、9月には「テイラー・アンダーソン記念基金」の支援を受けて協定締結後初めて本学学生と教員が同大学を訪問、5名の学生は災害に関する発表を行う等の学術的交流を図りました。
 11月15日(木)、本学の国際交流センター主催によるランドルフ・メーコン大学との交流プログラムの帰国報告会を開催し、学生それぞれが、現地で行った発表の概要とアメリカでの施設見学等を通じて得た学びを報告しました。また、石巻専修大学創立30周年記念事業の一環として、2017年8月から2018年5月までフルブライト制度によって同大学で教鞭をとった丸岡泰経営学部教授による講演も行いました。
 学生5名の報告発表の後、尾池学長や聴講した教員からは、参加した学生達の成長した姿を見ることができた等の感想が述べられました。

IMG_4037

祭りの再活性化と石巻の復興
 -阿部さん(人間文化学科)

IMG_4040

津波発生時における外国人への対応策
 -佐竹さん(人間文化学科)

IMG_4034

東日本大震災後の石巻の水産業の現状
 -菅原さん(経営学科)

IMG_4024

東日本大震災が契機となった海洋プランクトン研究-島さん(生命科学専攻)

IMG_4029

東日本大震災が契機となった海洋プランクトン研究-大橋さん(生物科学科)

IMG_4046

アメリカで発見した日本のソフトパワー・丸岡泰教授

IMG_4050

学長による講評
謝辞 アンディ・アンダーソン夫妻、テイラー・アンダーソン記念基金、U.S.-Japan Council、Randolph-Macon College

関連情報

*本学とランドルフ・メーコン大学(米国バージニア州)は、2015年から国際交流事業を開始、その後、2018年1月に国際交流協定を締結しました。
今年1月から本学の国際交流協定校となったランドルフ・メーコン大学は、東日本大震災で犠牲となった石巻市の外国語指導助手テイラー・アンダーソンさんの母校です。日米の架け橋になりたいというテイラーさんの遺志を引継いだご両親により設立された「テイラー・アンダーソン記念基金」の支援を受けて、同大学と本学は2015年及び2016年に双方の大学を訪問する交流を行ってきました。