• Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Google+
2018.10.10()
石巻専修大学ISU ONLINE高大産連携プロジェクトTOPICS経営学部TOPICS高大産連携プロジェクトTOPICS教育・ゼミ

【高大産】こめぼこの原料となる新米を収穫しました

平成30年10月9日(火)、石巻北高校農場(水田)にて石巻北高校、宮城水産高校の生徒72名とともに「こめぼこ商品化プロジェクト」に参加する経営学部杉田博ゼミナールの学生2名が新米の稲刈りを行いました。
この活動は平成29年度から始まった「こめぼこ商品化プロジェクト」活動の一環で、毎年5月に田植え、10月に稲刈りを行っているものです。

稲刈り後には、農場で収穫された新米がふるまわれ、両校の生徒、本学学生が舌鼓を打ちました。

【今回参加した杉田ゼミ生のコメント】
■佐々木 颯さん(経営学部経営学科3年次 宮城県岩出山高校)
昨年までとは違った、自分たちなりのこめぼこ商品化プロジェクトの活動をしたいと意識しながら、ゼミ生皆で今年1年間活動してきました。今回、機械で行うことが多くなってきた稲刈りを自分たちの手で行うことで農家の方々の苦労を感じ、そのお米からこめぼこができるのはすごいことなのだ、と改めて実感しました。今後はプロジェクトの活動で様々な人と関わってきた経験を就職活動でも活かしたいと思います。

■小野寺 一樹さん(経営学部経営学科3年次 宮城県仙台育英学園高校)
稲刈りを初めて体験しましたが、稲を束にする、稲木に稲を干すなど一つ一つの作業を楽しみながら行うことができました。このプロジェクトやその他の活動で得た高校生や企業の方々との関わりや経験は貴重なものだと思います。この経験を来年からスタートする就職活動でも活かし、希望する職種に就けるようがんばりたいです。
 

001

002

003

004