• Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Google+
2018.08.21()
ISU ONLINE石巻専修大学TOPICS国際交流センター教育国際交流TOPICSTOPICS

【国際交流】ランドルフ・メーコン大学との交流事業に向けて

 ランドルフ・メーコン大学(米国)との交流事業に参加する学生・教員が、8月21日(火)に現地で行う研究発表会を行いました。学生は、5月から共通テーマ「東日本大震災に関連したテーマでの調査研究」について、佐々木理工学部教授と工藤経営学部准教授の下で研究活動を実施してきました。
 今回、尾池学長の前で研究成果を報告、その後、尾池学長と水野国際センター長から講評と出発前の励ましの言葉がかけられました。
 学生・教員は「平成30年8月31日(金)~9月13日(木)」の14日間、ランドルフ・メーコン大学で研究発表や現地視察、ワシントンD.C.の政府関連施設視察を行ってきます。
佐々木洋理工学部教授グループの研究テーマ
・東日本大震災が契機となった海洋浮遊生物学研究
(Marine Plankton Studies Triggered by the Great East Japan Earthquake)

工藤周平経営学部准教授グループの研究テーマ
・東日本大震災後の石巻市における地域活性化の現状と課題
(The Current Status and Issues of Regional Revitalization in Ishinomaki After the Great East Japan Earthquake)

IMG_3715

IMG_3734

IMG_3743

IMG_3727

関連情報

*本学とランドルフ・メーコン大学(米国バージニア州)は、2015年から国際交流事業を開始、その後、2018年1月に国際交流協定を締結しました。