• Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Google+
2018.04.16()
ISU ONLINE石巻専修大学TOPICS高大産連携プロジェクト経営学部高大産連携プロジェクトTOPICS教育・ゼミTOPICS

【高大産】「こめぼこ商品化プロジェクト」2018が新たにスタート!

2017年度から取り組みを始めた「こめぼこ商品化プロジェクト」が、今年度、連携企業を変えて新たにスタートしました。
本プロジェクトは、石巻北高校と宮城県水産高校が共同開発した「こめぼこ」の商品化に取り組んでおり、昨年度は阿部蒲鉾店に専門性・実践性についてサポートしてもらいながら、7月、8月の楽天イーグルス公式戦において2,100パック販売しました。
今年度は体制を変更。専門性・実践性については、地元企業の株式会社高橋徳治商店(東松島市)の協力を得て、これまでのノウハウを生かした地域ブランドとしての商品化を目指します。
高橋徳治商店は創業明治38年。保存料や着色料・人工甘味料などが一切入らない無添加の練り物づくりにこだわっており、日本で初めて完全無添加練り物製品を製造した会社です。
4月13日(金)には高橋徳治商店において、新たな「こめぼこ」の開発に先立ち販売商品の検討を行いました。
本学経営学部杉田博ゼミの2年次生4人、水産高校の生徒5人のほか、石巻北高校や楽天野球団の関係者が参加し、高橋徳治商店で原料の配合を少しずつ変えて製造した試作品7種類を試食しました。
学生たちは、ひとつひとつ食べ比べを行い、どれが販売に適しているか、食感や風味、味の濃さなどについて細かくチェックしていました。
「こめぼこ」は、今回の試食の結果を踏まえて更に改良を重ね、ゴールデンウイーク(4月28日(土)~30日(月))に石巻市民球場で行われるプロ野球イースタンリーグ公式戦で販売する予定です。
参加した杉田ゼミの高橋彩夏さんは、「昨年先輩が取り組んだ「こめぼこ商品化プロジェクト」に興味を持ったので杉田ゼミに入りました。学内で楽天野球団の立花社長の講演を聴き、あの情熱に感動しました。
今回は商品開発にも自分たちの意見を取り入れてもらえるのでやりがいがあります。
今日の試食品はおいしく売り切る自信はありますが、高橋徳冶商店のこだわりや高校生の思いが伝わるようなPR方法を考え、多くの方に買ってもらえるよう積極的にアイディアを出していきたいと思います。」とやる気を見せていました。

今回参加した学生は次の4人(写真=左から)
山野彰治さん(熊本県専修大学玉名高校出身)、森谷大輝さん(山形県村山産業高校出身)、鈴木舞桜さん(宮城県多賀城高校出身)、高橋彩夏さん(岩手県水沢高校出身)
 

こめぼこ試食会①

こめぼこ試食会③

▲こめぼこの試作品7種類

こめぼこ試食会②

▲意見をまとめる杉田ゼミ生

こめぼこ試食会④

▲水産高校の生徒も真剣に検討