• Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Google+
2018.04.13()
ISU ONLINE石巻専修大学TOPICS経営学部教育・ゼミTOPICS

【経営学科】平成30年度専修大学への国内留学スタート

平成30年4月4日(水)、今年度の「国内留学」が開始しました。
「国内留学」は、本学経営学部3年次の学生が神奈川県川崎市の専修大学生田キャンパスで半年間学ぶ制度で、平成29年度から実施。
2期生となる今年度の参加学生は、菅原謙斗さん、熊谷祥さん、小野寺一樹さん、阿部舜さん、千葉雄大さんの5人。
5人はキャンパス近くの生田研修館に入居しながら、専修大学経営学部の講義を履修。ゼミナールにも所属し、8月までの間、専修大学生と一緒に新たな環境で学生生活を送ります。

◆参加学生のコメント◆

■菅原 謙斗さん(宮城県仙台育英学園高校出身)
「消費者行動論」について、もっと深く学びたいと考え参加しました。
所属する李東勲ゼミでは、東松島にある畳店の販売促進のほか、新たな特産品の創造を目指しています。
今年2月に東京都町田市で行われた販売会へ参加したことがきっかけで、「顧客」について研究したいという意欲がわきました。
専修大学では金 成洙ゼミに所属します。
マーケティング関連の以外の講義やサークル活動などに積極的に参加し、一つ一つの出会いを大切にして石巻では得られない知識、経験を積んでいきたいです。

■熊谷 祥さん(宮城県宮城広瀬高校出身)
将来、一般企業に就職し、経理業務に携わりたいと考えていますので、会計分野の講義を中心に学びたいです。
専修大学の岩田弘尚ゼミに所属して、地方創生のための管理会計をテーマに研究します。
震災後、過疎化が進む被災地の復興や地域経済の活性化に企業の経理がどのようにかかわれるかを研究したいと考えています。現場で活躍できる社会人となれるよう、多くの経験を積んでいきたいです。

■小野寺一樹さん(宮城県仙台育英学園高校出身)
石巻での環境と大きく違う中での生活は、自分の成長のためによい機会だと思い参加しました。
初めての一人暮らしは不安な面もありますが、貴重な体験です。
専修大学では、馬塲杉夫ゼミに所属し活動する予定です。馬場ゼミは、プレゼンを行う機会が多いと聞いたので、積極的に参加しプレゼン能力を高めたいと思います。
石巻専修大学で開講されていない「研究開発とイノベーション」や「広告論」などの講義にも積極的に参加し、幅広い経営学の知識を身につけたいと考えています。

■阿部 舜さん(宮城県名取北高校出身)
昨年参加した先輩から話を聞き、自分の将来のためにもこのチャンスを逃したくないと考え、参加しました。
自分の殻を破る気持ちで、積極的に講義に参加し、幅広い知識と視野を身につけたいです。
専修大学の蔡イン錫ゼミでマーケティングの知識を深め、就職活動など、今後の活動に生かしたいと思います。

■千葉 雄大さん(岩手県一関第一高校出身)
自分の知らないところへ出向き、見て、学びたいと考え、環境を変えるのが一番の良策だと思い参加しました。
石崎徹ゼミに所属し、広告戦略の勉強を中心に、メディア事業の理解を深めたいです。
将来、メディア関連の仕事に携わりたいと考えているので、美術館巡りや写真撮影などを通して自分の感性を磨き、発信力を鍛えたいと思います。
国内留学は短期間なので、何事に対しても挑戦する意欲を持って多くのことを吸収したいと考えています。

国内留学_1

▲専修大学生田キャンパス
 右から、千葉さん、熊谷さん、小野寺さん、菅原さん、阿部さん

国内留学_生田研修館

▲生田研修館にて
※本事業は「専修大学経営学部と石巻専修大学経営学部との学生交流事業に関する協定書」に基づくもので、石巻専修大学経営学部の学生が、所属する学部を離れ、国内留学により、専修大学での受入れ学部に一定期間在籍して授業科目を履修し、その成績評価に基づき石巻専修大学経営学部において単位の認定を行う制度です。
石巻専修大学の学生にとって、専修大学生田キャンパスで3年次前期の半年間に体験できる学生生活は、さまざまな専門知識を習得したり、ゼミナール等で新たな人間関係を構築したりする絶好の機会となります。この体験を通じて幅広い視野と豊かな発想力が育まれます。

※国内留学についての説明はこちら