• Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Google+
2018.04.11()
石巻専修大学ISU ONLINE教育TOPICSTOPICS教育・ゼミ

【教育】「石巻」の魅力を学ぶ!

~1年次対象の「いしのまき学」が本日スタート!~

 入学直後の1年次を対象として、石巻市を題材に地方都市が抱える課題について考察する「いしのまき学」の初回授業が4月11日(水)に実施されました。
 本日の初回授業では、経営学部佐々木万亀夫教授から授業の概要が説明され、人間学部指方研二教授からは、地域貢献日(7月31日・8月1日)として参加する「川開き祭り」の概要についての説明が行われました。
 「いしのまき学」では学外から講師を招き、石巻の歴史を学ぶ他、地域企業やIT企業の経営戦略についても学びます。
 次回の4月18日(水)の授業では、亀山紘石巻市長をお招きし「新たな魅力と活力あるまちづくり」をテーマに講義を展開していただきます。

【初回授業を受講した学生の声】

黒澤 良弥さん(経営学部経営学科1年次 宮城県仙台育英高等学校出身)
 「いしのまき学」のことは、大学に入学してから知り、他の大学にはない変わった授業があるのだなと思いました。
 全学部の1年生全員が受講する科目なので、他の学科の人とも知り合えるのが良いですし、石巻市長が授業を行うことには驚きました。
 川開き祭りが楽しそうなので、積極的に参加して、友達と一緒に楽しい思い出を作りたいと思っています。

石崎 利佳さん(人間学部人間教育学科1年次 宮城県中新田高等学校出身)
 本日のガイダンスを聞くまで石巻についてどんなことを学ぶのか気になっていました。
 授業自体も教授の話を聞くだけの授業だと思っていましたが、本日のガイダンスを聞いて、石巻市長や企業の社長の講義を受講すると聞いて驚きました!
 他学部の学生とのグループワークも、とても楽しみです!
 この授業を通して、石巻の様々な面について学びたいです。

いしのまき学01

▲「いしのまき学」の概要を聞きながら、熱心にメモを取っています!

いしのまき学02

▲授業の「振り返りシート」では、「『石巻』に対するイメージ」を全員が記入。

いしのまき学03

▲川開き祭りへの意気込みを語ってくれた黒澤さん(左)と友達