• Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Google+
2018.03.13()
石巻専修大学ISU ONLINE人間学部TOPICS学生生活TOPICS教育・ゼミ学生生活・サークル活動TOPICS

【学生支援】人間教育学科の学生による学習支援「がってん塾」好評

 将来教員を目指す人間教育学科の学生らが中心となって取り組んでいる「がってん塾」が、地域の方から好評を得ています。
「がってん塾」は、2017年4月にスタート。現在は、石巻市内の2箇所の集会所で仮設住宅や公営復興住宅に住む小中学生を対象に学習支援を行っています。
 3月9日(金)には、大学近くの仮設住宅南境第4団集会所で活動が行われ、人間教育学科の1年次生が参加しました。当日、学習支援を行ったメンバーは、種市悠斗さん、佐久山侑実さん、赤間翔吾さん、千葉良大さん、熊谷拓哉さんの5名。
 学生たちは、3時半から7時過ぎまでの3時間半、生徒たちとマンツーマンで向き合い、宿題や予習、復習をサポート。状況に応じて適度な休憩時間を設け、話をしたり、一緒に遊んだりとコミュニケーションをとりながら、和気あいあいとした雰囲気の中で学習を進めていました。
 「がってん塾」では、毎回学習終了後、生徒から教え方の評価をもらい、また、学生たちは学びの様子を「振り返りカード」に記録。それをファイルにまとめた個人カルテを作成しています。現在の利用者は約40人。学生たちは、生徒一人ひとりの課題や指導方法などの記録を共有し、それぞれの得意分野を活かしながら指導に当たっています。
 今年度の活動は、3月16日(金)で終了予定。来年度の活動も4月から継続して行う予定です。

◆学生のコメント◆
 被災者支援のボランティアには興味があったので、この活動に参加できて良かったです。
 実際に子どもたちと触れ合うことでき、今後の教育実習などにも活かせるとても良い経験になっています。
 勉強を教えるという難しさはありますが、自分のスキルアップのためにもできるだけ継続したいと考えています。

【関連記事】

がってん塾01

▲生徒たちとマンツーマンで向き合って学習指導する学生

がってん塾02

▲適度に休憩もとりながら楽しく学習支援活動を行っています!