• Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Google+
2017.01.01()
ISU ONLINEINFORMATIONTOPICSその他

年頭の抱負

明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い申し上げます。

さて、東日本大震災から6年、交通インフラなどの「モノの復興」は進んでいますが、「心の復興」は緒についたばかりで、高等教育機関に対する地域の要望は強いものがあります。昨年4月に石巻専修大学長を拝命して以来、本年の新入生から適用する進学サポート奨学生制度や新カリキュラム制度、ならびに学科間相互乗り入れを目指したジョイント・プログラム等の導入を図ってきました。

地方の小規模大学が生き延びるためにはオンリーワンの大学を目指す必要があります。平成28年度に新設された文部科学省の私立大学研究ブランディング事業・Aタイプ(地域発展)に応募した結果、「震災の復興から地域資源の新結合による産業創出へ―草葉起源による内水面養殖業の創出-」が選定されました。地域資源の新結合による産業創出を石巻専修大学のブランドとすべく、その第一歩として、震災未利用地などに設けた水槽による魚介類養殖システムの創出を目指します。

日頃から志願者や在学生には、「5年後、10年後の夢を持ってください、そして、その夢を実現するために今何をすべきか、未来の視点から考えて、日々の学生生活を送ってください」と言ってきました。その意味で、正にブランディング事業の夢を実現するためには、未来の視点から考えて今なすべきことを、全学を挙げて推進して行く所存でございます。今後とも皆様方のご支援・ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。

2017年年頭のご挨拶

学長 尾池 守